-ブータン-

ブータンへ飛びました。
ヒマラヤ山脈は、胸熱でした。
PB277660.jpg
費用の打ち明けです。

飛行機(ひとり)カトマンズ→パロ(ブータン)US$458(37,775円)
一日の滞在費(ひとり)US$220(18,145円)
※公定料金はUS$250だけど、カップルだったりすると多少割り引きがあるみたいです。
ビザUS$30(2,474円)
ホテル、食費、ツアー等すべて込み込みです。
三泊した合計は、
ひとりUS$1,368(112,832円)

PB277665.jpg
空港に迎えに来てくれたボクらのガイドは、ナンギュル君。
PB277687.jpg
27歳、独身。
ガイドは、基本的に伝統的な衣装を着ています。
白い袖は取り外して洗濯できます。
彼は、ボクらの百倍英語を話せます。
ブータンでは学校の授業が英語なので、理論上国民皆ネイティブスピーカーです。
英語学校があれば我ら日本人が押し寄せてあげるのに、と思ったのですが、西洋かぶれした人間には来て欲しくないんですよね。
 
ブータンは、アジアの一員だというのに、街にも道路にもゴミが落ちていません。
住宅街の奥の奥の下水道には、カラフルなゴミが汚らしく詰まってたけど、目につく所にはゴミはないです。
素晴らしい!
広告看板が、ぜんぜんありません。
これもまた、素晴らしい!
禁煙国家です。
タバコを吸うのは旅行者だけです。
よくお店の軒先に、ここでタバコを吸うな!と張り紙があります。
信号がひとつもありません。
以前一度だけ信号を設置したら、かえって事故が増えたので、すぐに撤去したそうです。
撤退する勇気。その潔さが素敵です。
きれいな川が流れてたけど、釣りは禁止です。
仏教徒は、殺生はしないのです!
と、ナンギョル君が胸を張って言いました。
魚を食べないの?
って訊いたら、
もちろん食べます!
殺さないけど、食うのです!
 
美人が多いです。
インド人のようにクドくなくて、アジア人ののっぺりさがない、ほどよくブレンドされた顔は、ボクの好みです。
ハンサム王子が有名ですが、彼以上のイケメンがいくらでもいます。
無駄にハンサムが多いです。
 
牛が、あちらこちらでふらふらして、牛糞を残してます。
綱吉が喜びそうなくらい犬がいて、なぜかときどき老人を追いかけてました。
首都は、建築ラッシュです。
マンションを建てまくってます。
ナンギョル君、君もいつかマンションを買うの?
「あんなもの買ったら、死ぬまで一生懸命働かなきゃならないから、いらないです」
なるほどね。
 
ブータンで一番人気のスポーツ、アーチェリー。
PB277681.jpg
的は、145メートル先です。
ちなみにオリンピックは約半分の70メートルです。
ブータンの選手が、「的が近すぎて当たらなかった」と答えたそうですが、今ボクらの前でもほとんど当たってません。
対戦相手が的を外すと、馬鹿にして踊ります。
PB277679.jpg
わりと失礼な伝統競技です。
 
国会議事堂。
キングの家は庶民的です、とガイドが誇らしげに言うのですが、広大な庭に囲まれていて、とてもそうは思えず。
残念ながら、写真撮影禁止でした。
 
夕方、メインストリートを散歩。
PB277717.jpg 
Wi-Fiは、無制限でUS$7。
ローカルビール「DRUK11000」で乾杯。
 
レセプションに「風呂の栓がないよ」って言ったら、
「もともとないんだよね〜」
嘘だろ、それ。
じゃ、どうやって風呂に入ればいいの?
「え〜と…」
目を泳がせてます。
他の部屋にあるんじゃない? 探して来てよ。
10分後に、他の部屋にありました!って、汗をかきかき、栓を持って来てくれました。
ブータンは、そんな感じの素直なサービス精神です。
栓係の青年↓
PB287736.jpg

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ なし
  • 昼→ ブータンのホテルでいろいろ
  • 夜→ ビュッフェ

アジア ティンプー ブータン 国、地域別

トラックバック用URL

車が崖から転落してた。ティンプー→パロ/ブータン121128

  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

空港のあるパロへ移動。
途中、崖から転落した車を発見。
「世界一幸せな国ブータン」ですが、交通事故くらいはあります。
住宅街の路地を抜けます。
PB287737.jpg
側溝は、普通に汚い。
PB287739.jpg
開店前の商店は、鍵だらけ。
PB287744.jpg
味のある道路標識。
PB287745.jpg
男性は、たいてい落語家の弟子に見えます。
PB287747.jpg
張り紙。
ときどきダンスパーティがあるようです。
PB287750.jpg
名前を忘れました↓
PB287760.jpg
山は意外に毛深くないです。
PB287770.jpg
来年完成予定の巨大な仏像。
PB287773.jpg
PB287790.jpg
ブータンの子供は、流暢に英語を話します。
PB287777.jpg
ブータンを旅行してた、名も無いインド人。
PB287802.jpg
小麦粉とバターで、飾り物を作る仏僧。
PB287809.jpg
動物園にいた変な動物Takin。
他には鹿しかいません。
世界一動物の種類が少ない動物園じゃなかろか。
PB287814.jpg
この石を四個運ぶと、一ドル貰えます。
PB287815.jpg
左側の大きな建物は、市役所と寺の合体したようなものです。
「ゾン」と呼ばれ、各地にあります。

ブータンの電気屋さん。
大きなものは、インドで買うそうです。
PB287820.jpg
ブータンの建物。
PB287822.jpg
少年たち。
PB287829.jpg
パロ・ゾン (Paro Dzong) へ出かけましたが、それについてはおいおい。
夜、ネット屋が閉まってたので、慌てました。
ホテルの少年から、スマートフォンを借りました。
チップを受け取ってもらえず。
ありがとう。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ Hotelの朝食
  • 昼→ 近所のレストラン
  • 夜→ Hotelのレストラン、ビール

アジア パロ ブータン 国、地域別

トラックバック用URL

タクツァン僧院 (Taktshang Monastery)へ、登りました。
“Tiger’s nest”と呼ばれ、いわゆる虎の穴です。
疲れました。
 
日記を書く暇がないので、適当に写真を貼付けました。
PB297896.jpg
PB297900.jpg
PB297909.jpg
PB297916.jpg
PB297920.jpg
PB297944.jpg
PB297945.jpg
PB297958.jpg

PB297986.jpg
PB297991.jpg
PB297995.jpg
PB298009.jpg

PB298014.jpg
PB298018.jpg

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→
  • 昼→
  • 夜→

アジア パロ ブータン 国、地域別

トラックバック用URL

Hotelの青年に、そっと心付けを渡しました。
ブータンの日給に換算すると、ほぼ半額です。
まったくもっての想定外だったようで、相当驚いた顔をしていました。
彼の名前は聞きそびれたけど、日本語も英語も達者で、ボクらが食事中だったにもかかわらず、いろいろと取り留めない話をしてくれました。
ときどき何を言っているのやらさっぱりわかりませんでしたが、ありがとう。
一方ガイドには、日給の二倍近い心付けを最後の最後の最後に渡しました。
ナンギュル君、君はガイドとしては口数が少なかったけれど、ボクらにはちょうど良い加減でした。
ときどきボクの意味不明の英語を聞こえないフリして逃れてましたが、許しましょう。
三日間、ありがとう。
 
ネパール行きの飛行機は、頼んでもいないのにビジネスクラスでした。
それほど空いてたです。
広い座席に嬉しさを隠せないボクらですが、エコノミーと窓の大きさは同じじゃんと、少しがっかりしました。
進行方向の右側だと、ヒマラヤ山脈が見られます。
遊覧飛行に乗ってる気分で、山は凄まじいくらいにすごいです。
 
カトマンズ空港で、荷物を運んだおっさんと揉めました。
君に払う心付けは、一銭もありゃしません。
 
カトマンズは、今日も停電。
Wi-Fiを求めて、タメル地区を彷徨う。
耳を澄ませば、澄まさなくても、両手で耳を塞いでいたとしても、鳴り響くクラクション。
 
ちゃこちゃんと晩飯。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ Hotelの朝食
  • 昼→ チベット餃子のモモとチョウメン (chowmien/焼きそば)。紅茶とコーラ
  • 夜→ チャコちゃんと晩飯。美味いビール

アジア ネパール パロ ブータン 国、地域別

トラックバック用URL