-Okavango Delta-

小粋なツリー便所は、絶景かな。
Rundu→Okavango Delta/ナミビア170917

  • Ngepi Camp
  • 本日の走行距離 232(メーターは、165,980)キロ
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fiは役に立たず

このあたりは、密かに人気エリアです。
2軒のキャンプ場に断られて、ボツワナ国境近くの川沿いまで流れます。
キャンプ場があるというジャングルに突っ込めば、想定外の砂の道。
あっという間に砂に埋まり、4WDにしても抜け出せず。

ベルギー人カップルにスコップを借り、ローカル青年に押してもらって脱出。 青年たちへのお礼を弾んで、50NAD (421円)。

 

砂に突っ込んだ際、めくれてしまったボディ下のパネルです。パネルを外すスパナは、17、18、19番なんですが、17番は持ってないのです、実のところ。隣のサイトでルアーを弄っている南アフリカ人カップルから、17番を拝借。

 

お隣さんは思いのほか親切なカップルさんでして、あれこれ心配してくれるものだから、今日は日曜日でビールを買えなかったと、行間に滲み出るような催促をしたら、冷えた赤ワインをご馳走してくれ、君たちは焚き火しているようだけどステーキでも焼いているんですか?と無邪気に質問したら、ステーキとバターたっぷりのジャガイモを振舞ってくれました。
しかもですね、

ふたりでお飲み、とばかりに新品のワインをもう一本。

 

南アフリカに着いたら、別荘に招いてくれるそうです。
ありがとう。
フロントガラスのヒビで罰金を喰らったと嘆いたら、そんなバカな話しがあるもんかと、罰金は絶対に払うな!ってのことです。

 

周囲を囲まれていないジャングルのキャンプ場なので、肉食獣に襲われぬよう「ツリートイレット」。
小粋な便所です。

これなら動物に襲われません。ちなみにジャングルというより、サバンナです。

 

トイレから望む景色。

 

今晩のボクらのサイト。奥は川。川向こうはアンゴラ。夜になると、アンゴラから盗賊団がやってくるという噂がありまして。。。

 

 

夜中、カバの鳴き声を聴きながら寝ていたら、忍び寄る盗賊団。。。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ミューズリー
  • 昼→ 買い食いチキン(300NAD/2,518円)
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯を炊いて、卵焼きにゆかり。お隣のマルティンからステーキと芋をもらった

国、地域別 アフリカ ナミビア Okavango Delta

トラックバック用URL