-フェズ-

より蒼い青色の旧市街で、女性の嗚咽、咆哮、絶叫。
シャウエン→フェズ/モロッコ161130

  • DarBerrada(350MAD3,965円/駐車場20MAD226円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝食は、プラサに面したカフェ。
Yukoの朝食セットは、主食がパンでおかずがパンケーキ。
炒飯で白米を食うようなもの。

 

碧より蒼い青色の旧市街を散歩。
以下、昨日に引き続き写真だらけ。

dsc_2870

シャウエンの朝。曇り。山裾のあたりが旧市街。ほのかに青い。

dsc_2828

雑な塗り方が、深みというか遠近感というか奥行きがあるよね。ちょっとファンタジーしてるし。dsc_2821  dsc_2862 dsc_2817 dsc_2813 dsc_2812 dsc_2811 dsc_2800 dsc_2798 dsc_2782 dsc_2777

 

 

 

 

フェズへ向かってドライブ。

dsc_2893

モロッコは路駐が多いので、予備タイヤは車中。

 

道中、ロバが多い。

dsc_2886

肉屋直営の焼肉屋。焼きたて熱々、絶妙な塩加減。素材の旨み爆発。安い!

 

警察の検問。
丸顔の効果か、笑顔が効いたか、国籍すら訊かれず。

 

観光地フェズで宿探し。
私設路駐係と宿の呼び込みが、うざい。
どこのホテルかと訊かれてうっかり答えると勝手に案内されるし、答えないと適当に紹介されるし、無視してもハッパの営業マンになるだけだし、ロックオンされたら面倒。
友達の家に泊まると言うと、案外簡単に引き下がったけど。

 

500MADを350MADに値下げすると言われてチェックインした宿は、Booking.comの料金より高かった。
商売上手で手に負えないよ、モロッコ人っ。
旧市街の永久のラビリンス「メデイナ」を彷徨っていたら、iPhoneがまさかの充電切れ。
命綱のマップが見られない。
記憶を頼りに宿に戻ろうとしたら、速攻で立ち位置不明。
ガチで迷子。
日が暮れ、途方にくれ、どいつもこいつも強盗に見えてきました。
どう頑張っても、宿に戻れない自信あり。
立ち止まるとすぐに怪しい輩に付きまとわれ、「友達だから、お金は取らないから、なんでも相談してね」と言う彼らの言葉ほど信用ならないものはなく、歩きつづけても次から次へと湧いて出てくる。
暗い路地で遊ぶ子供達に無心され、逃げると追いかけられ、あっちへ行けばマフィアがいると脅かされ、背水の迷路。

夜中。
女性の嗚咽、咆哮、絶叫。
静寂。
ロシア人カップルかな?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:オムレツ。パンとパンケーキ(50MAD/566円)
  • 昼→ 外食:牛肉の串とミント茶(30MAD/399円)
  • 夜→ 外食:サンドイッチ(41MAD/464円)

国、地域別 アフリカ モロッコ フェズ

トラックバック用URL

お便り

  • 前にどこかの飛行機に乗った時
    パンとご飯とうどん?が一食に出てきた時は
    頭の中で、まじ!マジ?本気?!と叫びました。。。

    とりあえず、空腹にならないようにしてくれたのかな。。。と思いました。。。

    ニュージーランドに行った時も
    パンとご飯をプレートにのっけてる人を見て
    え!と思ったのですが
    日本人が芋をのっける感覚と一緒だよ、と言われ
    それだったら少し納得するな〜と思ったのを
    思い出しました。。。

    パンケーキとパン。

  • ラーメンライスにチャーハンなら喜んで!
    ご飯に芋?って、日本にそんなメニューあったっけ?

  • ハンバーグとかの付け合わせでジャガイモがあって
    他に、ライスか、パンも食べるじゃないですか〜!

    日本人的に、ジャガイモが野菜っぽく(野菜だけど)にカウントするとこを
    ライスを野菜っぽくカウントするって言われた時、びっくりしたけど
    なるほどね〜って納得したけど
    いまだに、まだ、納得できてないような。。。

    と言いつつ、焼きそばandおにぎりとか
    お好み焼きandおにぎりは我が家の土曜のランチとして結構あった気が。。。

  • 付け合わせのジャガイモね。
    なるほどね〜、忘れてた。
    納得。

前に後ろにと巧みに尾行してくる緑帽子。
フェズ二泊目/モロッコ161201

  • DarBerrada(500→350MAD3,965円/駐車場20MAD226円)Booking.comより高かった
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi無料Wi-Fi

がっちりとiPhoneを握りしめて、いざ旧市街の迷路へ。
地図アプリがないと一生出てこられないから、命がけの散歩です。

五分と歩かぬうちに、変なおっさんにロックオンされました。
前に後ろにと巧みに尾行してくる緑帽子。
彼らの得意のフレーズは、大阪か東京に日本人の友達がいること。
基本的に無視するんだけど、完全にシカトすると逆ギレしそうだし、調子にのって会話をするといつの間にかガイド料を請求される図々しい仕組みで、15年くらい前に経験済みです。

屋台のオレンジジュースが、底抜けに美味くて安い。
ミントティーは、そこはかとなく美味くて、これまた安い。

市場の片隅にうずくまっているおじいさんから、安っぽい豪華な財布を5MADで購入。

dsc_2921

レバー、最高。

dsc_2922

ミカンをくれたおじさん。

dsc_2914

今夜もロシア人カップルの雄叫び。
ピアニッシモ→クレッシェンド→全休止。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 宿の朝食の残り
  • 夜→ 外食:レバーと牛肉のサンドイッチ(30MAD/円)

国、地域別 アフリカ モロッコ フェズ

トラックバック用URL