転がるベッド。
リスボン14泊目/ポルトガル191209

  • EDU HOUSE(400ユーロ/電気ガス水道は別途)
  • Internet@ SIMカード

喉がイガイガー。

チンコのまわりに笹が密集した感じ、って言えばわかってもらえますかね。

そう、そんな感じです。

してもって、生きる気力が鼻からつーっと漏れてて、いつ逝っても悔いはない気分。

風邪ひいたかも。

 

ジョアンから借りたソファベッドですが、スプリングが脱力してました。

ベッドのスポンジが真ん中に向かってヘタってしまい、中央に転がるボクらの重力です。

端っこで丸まって寝るのに、気を抜くと真ん中にごろごろ。

Yukoの温もりと体重が、なんでこの人ここにいるの?って思うくらい邪魔。

でもって、Yukoが腰が痛いと泣くものだから、床に寝ることにしたんですが、ますます腰が痛くて寝れないって。

うち、貧乏やさかい、ポルトガルでベッドは買えませんよ。

 

NISSINのカップヌードルを見つけたのが円広志級に嬉しくて嬉しくて嬉しくて、野菜を炒めに炒めて炒めました。

野菜炒めをトッピングするほど、肩に力が入ってるんです。

安藤百福さん、エビがどこに隠れていたんだか気づきませんでしたが、我が家が投入したマッシュルームは、大活躍です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、卵焼き
  • 昼→ 自炊と呼ぶのかどうかわかりませんが、カップ麺
  • 夜→ 自炊:鮭を焼いて、ご飯。ワカメのスープ

ヨーロッパ 国、地域別 Portugal Lisbon / Oeiras

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン

CAPTCHA