雪の日、半裸だった人に。
リスボン6泊目/ポルトガル191110

  • ジョアンの家
  • Internet@ 地域の無料Wi-Fi+HUAWEIのポケットWi-Fi

明日11月11日は「聖マルティヌスの日」とかいう収穫祭でして、教会の横で栗を焼いてました。

3つの焼き台で、3,000kgの栗を焼くそうです。

焼き台ひとつで1,000kgで、一度に20kg焼くとしてざっとみて20分。1時間に60kgしか焼けないんじゃないですかね。

17時間もかかる計算になるけど、そもそもそんなにたくさん食べるんですかね、みんな?

よそ者ですが、ボクらも協力いたします。

 

聖マルティヌスの日はガチョウを食べるとWikiにありましたが、今日の昼飯は、豚肉の生姜焼きです。

ジョアンとタティアナに振る舞いました。

スタンディングオベーション級の大好評だったような気がしますが、本心かどうかはわかりません。

でも、この味で食堂を開きたいほどの自信作です。

 

世にも珍しいパンチラの道路標識↓

 

夜、散歩したら、

まだ栗を焼いてました。

昼間より、必死になって食ってました、みんな。

また、ご馳走になります。

聖マルティヌスの偉業といえば、雪の降る寒い日、なぜか半裸で凍えていたイエス・キリストに、自分の着ていたマントを半分破って与えたことです。

どうして半裸だったんですかね、ジーザス。

 

暦では、明日から冬です。

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ミューズリー
  • 昼→ 自炊:豚肉の生姜焼きとYukoのトマトサラダ
  • 夜→ 公園の栗

ヨーロッパ 国、地域別 Portugal Lisbon / Oeiras

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン

CAPTCHA