財産は金額より重さ。
ダブリン→リスボン/ポルトガル191105

  • ジョアンの家
  • Internet@ 地域の無料Wi-Fi

他人にはまったくもってどうでもいい備忘録ですが、飛行機の預け荷物は3つ。

重さは、23kg、15kg、13kg。合計51kg。

機内の持ち込み鞄は、7.5kg。

Yukoの鞄は5kgくらい。

我が家の精一杯 valuable な家財は、金額ではなく重さで量ります。

 

 

お先真っ暗な早朝にダブリンを発ち、スケジュールより30分くらい早くポルトガル空港に到着。

リスボンはお股が緩むくらいの小春日和で、愛されてるんじゃないかってくらい暖かいです。

アイルランドは拒否ってますか?ってくらい寒かったから、気温だけで感謝。

いいところです、ポルトガル。

 

空港で出迎えてくれたのは、ジョアンとタティアナ。

2年半前にモーリタニアで会った旅友です、オブリガード!

再会したばかりなのに申し訳ありませんが、船会社の「NAVEX」へお願いします。

「B/L contramarcado」とかいう書類を受け取らねばならないのです。

これがないと、明日、車を受け取れなくて。

 

BMWでリスボン観光。

1755年の大地震でほとんどの建物が倒壊したとはいえ、それでも立派な旧市街。

狭い道路は、路駐だらけ。

曲がりくねった道路は、路面電車だらけ。

観光客としては、そこがいいんだけどね。

 

開発地区で、立ち退きを拒否するピンク色の家↓

ガンバレ!

 

遠い明後日のバンクシー↓

ガンバレ!

 

ヴァスコ・ダ・ガマを記念したベレンの塔。

軽自動車で地球を半周している我が家としては、ヴァスコ・ダ・ガマは他人じゃないです。

喜望峰への苦労を語り合いたい。

 

ジョアンにお昼ご飯をご馳走になったんだけど、「Cozido à Portuguesa」とかいう肉のてんこ盛りが素朴で美味いです。

腹一杯になるし。

いいところです、ポルトガル。

 

しばらく彼らの家に厄介になります。

スペイン語とポルトガル語と英語のミックス会話なので、重要なのは内容よりもテンション。

動詞がなくても単語が間違っていても問題ではありません、伝えようとする雰囲気。

ジョアンは、日本に黒船が来た年を知っているくらい油断ならないけれど。

いいところです、ポルトガル。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:チーズ、卵焼き、パン
  • 昼→ 外食:ポルトガル料理(Cogido)とビール。すっかりご馳走になりまして。
  • 夜→ 昼の残り

ヨーロッパ 国、地域別 Portugal Lisbon / Oeiras

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン