モンバサが燃えていた。
Mtito Andei→モンバサ/ケニア190827

  • 駐車場泊
  • 本日の走行距離 270キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

すべての車がポールポジションを目指すレーサー街道を南東へ下って、500km。

観光用のラクダが歩いてました。

 

検問の警察官との勝負です。

「三角表示板を出しなさい!」

欲の皮が突っ張らかったおまわりさんが、どうせ赤い三角の板なんて持ってないだろうあんた!って顔しているので、賄賂狙いですね?

ぜんぜん持ってるんですけど、三角表示板。

なんですそれ?ってとぼけて、焦らしてあげました。

ちょっと泣きそうな表情までみせて、どうしようってうろたえたりして。

バカな日本人から小遣いをもらえそう〜って顔をしたとき、あ、ありました。これですよね?

って見せたら、残念そうなこと。

負け惜しみに、君は消化器も持っていて素晴らしいって褒めてくれましたが、おまわりさんが指差しているのは、消化器じゃなくてMSRの燃料入れです。

 

 

モンバサに到着。

町の入り口は、便秘が治りそうなくらいの悪路。

TATAの軽トラックに親戚のような親近感を覚えて尾行したけれど、かるく無視されました。

船会社の「Messina Line」の事務所に出向いて、ご挨拶です。

モンバサかジブチから、ヨーロッパまで車を送りたいのです!

スケジュールと値段と港を教えてください。

あとでメールするって、軽くあしらわれるわけです。

 

 

懇意のつもりのAirbnbですが、「Invitation to book」というタイトルの「XXX has invited you to book their home in Mombasa!」をもらったのですが、予約できません。

予約できませんよって問い合わせても返事なし。

しょうがないからBooking.comの宿へ行ったら、オーナーに連絡がつかないとかで泊まれない。

ほかの宿は、地図が違うみたいで門前払い。

暮らすように旅するって、難しいっす。

 

ご覧ください、ゴミ街道です↓

モンバサの町は燃えています。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ りんご
  • 昼→ 外食:ヤギのスープとチキンカレー
  • 夜→ 外食:宿のレストラン:スパゲティカルボナーラと魚

国、地域別 アフリカ ケニア Mombasa

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン