もはやアフリカではない。
→ウィントフック/ナミビア170824

  • Airbnb
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝9時、ウィンドフック・ホセア・クタコ国際空港に到着。
アフリカドライブ、後半戦です。

 

イミグレで出国チケットが必要だと脅されて、けっこうビビったものですが、猿以上犬以下の英語でクリアしました。
ナミビアはイギリス連邦の一員ですから、彼らの英語力は英語留学してもいいレベルです。
空港は、首都の玄関口だというのに、大きなバスターミナルより控えめな裏口風佇まい。
タクシー等の客引きは、ゼロ。
自分からタクシーを探さねばならぬとは、商売に貪欲なアフリカらしくないです。
気の弱そうなドライバーが運転する乗り合いタクシーで、42km離れた首都ウィントフックへ。
海外では珍しい、左側通行です。
交差点で譲り合う車たち。
人通りが少なく、ほとんどゴミが落ちていません。
日差しは強いけれど、標高1,650メートルの涼しさ。
湿度5%は、鼻血が出る乾燥度です。
もはやアフリカじゃありません。
今宵のお宿は、駅に近いプール付きの一軒家「Airbnb」。
黒猫のお出迎え。
後日、この黒猫がボクらを泣かせます。

 

昼前、日本大使館へ赴き、運転免許証の翻訳を依頼。
運転免許証の翻訳があれば、国外免許証は必要ありません(極論)。
セントロで昼飯。
ショッピングモールで、Simカードを購入(7NAD/58円)。
Top Up1GBで40NAD(334円)は安いけれど、寿命はたったの1週間です。
ということは、ひと月334円×4週間=1,336円/4GB
登録手数料とかないので、はるかに日本より安い。

 

というわけでナミビアの第一印象は、

もはやアフリカではない。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 機内食
  • 昼→ 外食:Hungry Lion:チキン(66NAD/560円)
  • 夜→ スーパーマーケットのお惣菜:チキンとフレンチフライ

国、地域別 アフリカ ナミビア ウィントフック

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン