パンクに気づかず20km。
Reynivellir→/アイスランド(14泊目)161003

  • キャンプ場(ひとり1000クローナ/シャワー、Wi-Fi別料金)
  • 本日の走行距離 126(アイスランド合計2,834)kmキロ
  • Internet@ SIMカード(1GB/2,990アイスランドクローナ/2,708円)

昨夜は、牛が飛んでてもおかしくないレベルの暴風雨。
我が家の「ChinGo!」は、ジョギングする巨乳のごとく揺れまくり、奈落の底に落ちる絶頂感たびたび。
935ちゃんのテントは、飛ぶがごとく、地を這うがごとく、こねられるがごとく。

 

氷河を見たあとですね、事件です。
どうもね、風が強いなあと思ったですよ。
ハンドルを取られて、まっすぐ走れなかったりしてね。
なんか、微妙にくねくねするんです。
でも窓を開けてみると、さほど強い風じゃなくて、どうにもこうにも変な具合だなと思いつつも、舗装道路の凸凹を拾いすぎなんじゃないかとね、素人なりに分析したもののそのまま走り続けたわけです。
キャンプ場に着いたら、パンクしてました。
パンクしたまま20kmくらい走ってたです。
こんな長距離ドライバーみたいな旅しておきながら自慢にもなりませんが、生まれて初めてのジャッキです。
それなりに慎重に車を持ち上げてみましたが、あれよあれまと車が傾いてしまい、倒れたジャッキ。
困った。
で、その辺の車からジャッキを借りて、二刀流でタイヤ交換。
で、で、一息ついてふと前輪を見たらですね、ゴムがすり減ってて、もう繊維が出てるじゃないですか!
つんつんと剛毛が。
うーむ、この先、とても心配。
アイスランド一周なんてできないんじゃないかと、心の中に黄色い信号。
そんなこと、935ちゃんに言えないね。

 

夕べは誰もいない一軒屋の駐車場に泊まったので、オーナーの姿もないことだし、ゆーっくりと朝飯食べて、のんびりと仕事。

dsc_1624

押し寄せる氷河。ヨークルスアゥルロゥン(Jökulsárlón)氷河湖。

 

dsc_1632

dsc_1641

黒い砂で覆われたダイヤモンドビーチ。

 

dsc_1642 dsc_1652 dsc_1658 dsc_1668 dsc_1672

dsc_1694

アイスランド最大の「ヴァトナヨークトル(Vatnajökull)氷河」。

dsc_1682 dsc_1688 dsc_1705

dsc_1690

露天風呂の「Hoffell hot pots near Höfn」。フィンランド人のおばさんは、更衣室を使わず外で着替える荒技。横から乳、見えますがね。

img_0470

このあたりって、手長海老の産地なんですが、新鮮なエビってどこで売っているのか、はっぱりわからんです。
で、スーパーマーケットでがっちがっちの冷凍ものを買い、晩飯はエビと白菜の鍋。
ポン酢は、針系登山家のぶさんからの頂き物。

 

dsc_1614

935ちゃんが持参したお米もここまで。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:「タケルくん」でご飯。李さんの佃煮。マルコのベジタブルハンバーグ。腐って見えるブルーチーズ
  • 昼→ 自炊:「タケルくん」のご飯。李さんの佃煮。焼いたソーセージ
  • 夜→ 自炊:エビと白菜の鍋。ノブさんなから頂戴したポン酢

ヨーロッパ 国、地域別 アイスランド(軽自動車で一周)

トラックバック用URL

お便り

  • いつになく真剣な顔をしてると思ってたら 大変な事になっていたんですね
    優雅に車窓からみる絶景を楽しんでましたf^_^;

  • 一家の大黒柱ともなるとね、言えないことだらけ。

  • お父さん、かっこいいっす‼︎

お便りを投函。ポトン