与党のアルバイトなのか、大統領の親衛隊なのか。
イスタンブール三泊目→ヨーロッパ側に引っ越し/トルコ160716

  • Blueway Hotel Residence(キッチン付き100リラ/3,477円)
  • 本日の走行距離 111キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

クーデターの夜明け、誰も生き残っていないかのような静寂。
FACEBOOKが問答無用で開かず。
革命軍による情報統制でしょうか、エルドアン大統領による自作自演の隠蔽でしょうか。

 

ヨーロッパへ繋がる二本の橋が、戦車によって通行止めを喰らっていましたが、ファーティフ・スルタン・メフメト橋が開通したという噂なので、引っ越し。
延々と30kmほど大渋滞。
抜いたり抜かれたり、譲ったり譲られたり。
橋の手前に政府軍の戦車が鎮座し、クラクションで祝う車たち。
クーデター鎮圧を喜んでいるのか、与党のアルバイトなのか、大統領の親衛隊なのか。

 

ショッピングモールのKFCで晩飯。
クーデター記念なのか、公共交通機関は無料サービス。

 

国旗を振るタクシーや、国旗をマントに爆走するライダーや、国旗を売る人が目立ちます。
与党のアルバイトにしか見えないのは、汚れたメガネのせいなのか、彼らの演技が下手なのか。

 

トルコ娘の愛ギャンの部屋は、6階建てマンションの最上階。
天井が斜めになった、ロフト。
ガス台から天井までの高さ、たった40センチ。
しかも天井の素材は、よく燃えそうな木材。
消防署の許可、おりませんよ、これ。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 愛ギャンの朝食
  • 昼→ 食べる暇なし
  • 夜→ 外食:KFC(24リラ/834円)

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ イスタンブール

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン