気取らず、気負わず、奇をてらわず。
マヒンジャウリ→Arhavi/トルコ160620

  • Apart Hostel Parpali(90リラ/3,219円)
  • 本日の走行距離 60キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日、トルコさ行きます。
最近のトルコといえば、難民を一手に引き受けるわ、IS石油のお馴染みさんだわ、相変わらずロシアと仲が悪くて戦闘機を撃ち落とすわ、少々派手にテロってます。
親日と聞きましたが、ボクらが中国人じゃないと気づいてくれるでしょうか?
国境手続きは、ジョージア側の一切面倒なことはしない仕事術で、わずか数分。
トルコ側も、一枚の書類も書かない手間要らず。
イミグレの手前で、車両保険に入るかどうかで小一時間も悩みましたが、結局、保険がないと車を持ち込めませんでした。
トルコの車両保険は、170リラ(3ヶ月間で6,096円)。
高っ!

 

初トルコです。
初夏に輝く黒海が眩しい。
思えば、カスピ海はどことなく辛気臭かったです。
海に沿った片道二車線の新しい舗装道路は、ほとんど車の姿なし。
おっさん連中がゲームばっかりしている碁会所のような町Arhaviで、SIMカードを購入。
ひと月間3GBで、65リラ(2,330円)。
これもまた高い。
店員がアクティベートしてくれたけど、通じないじゃん。

 

昼飯をその辺の食堂で食べて感動し、夜、再び歓喜のよだれ。
世界三大料理の名に恥じることなく、普通に美味いです。
気取らず、気負わず、奇をてらわず。
思えばジョージア料理って、塩辛くて脂っぽかったね。
ピザなんて、地雷のように塩が埋め込まれていたし。
比較して悪いけれど、トルコ人ってジョージア人と違って妙に人懐っこいです。
車から降りたら、すぐスマホ片手に走ってきます。
飯食うだけで写メられます。
誰が見ているかわからないから、っていうか四六時中、誰かと視線があいます。

 

トルコ人、想定外のサービス満点ぶり。
お茶はご馳走してくれるわ、珈琲はご馳走してくれるわ、アイスクリームは奢ってくれるわ。
トルコ語でありがとうと言えず、面目ない。

 

44P_8094

アイスクリームを奢ってくれた親父。

 

44P_8078

スマホ片手に、駆け寄ってきたおばちゃんたち。

 

44P_8080

なんか妙に素直な娘さん。美人なので、将来が心配です。したたかな草食男子たちに騙されないでね。

 

44P_8095

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、卵焼き、ベーコン、生タマネギ
  • 昼→ 昼食:20リラ(715円)
  • 夜→ 外食:なんだかよくわからないおかず(25リラ/894円)

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ Arhavi

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン