パスポートが切れかけていて、進退窮まる。
アルマトイ→ビシュケク/キルギス151105

  • Sakura(個室一泊1,400ソム/2,441円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

計画的に無計画な旅なものですから、十分に予期された問題に直面しては、想定外だったと驚いています。
自分の掘った落とし穴にハマって、ピンチを迎えています。

アルマトイの宿は、新しくて広くてキッチンが充実しているのに、ひとりもお客さんがいません。
オーナー家族は別の家に住んでいるので、貸し切りです。
こんなチャンスは滅多にないので全力でだらだらしたいけれど、カザフスタンの許された滞在日は、あと二日。
後ろ髪を自分で引っ張りながら、泣く泣く出国します。
キルギスへ向かう車中、天山山脈を眺めながら家族計画を練り直しました。
カザフスタンへ戻るっていうのも手だよね、どうせ急ぐ旅でもあるまいし。
その方向で年末年始をリスケってたところ、カザフスタンはパスポートの残りが六ヶ月以上ないと入国できないことに気付きました。
我が家のパスポートは来年の5月に切れるので、指折り数えたところ、指が一本足りません。
カザフスタンに戻れません。
それじゃぁ当初の予定通り南下しようかと思ったら、さらなる事実を発見。
イランも入国する際に、六ヶ月以上の「旅券残存有効期間」なるものが必要でした。
間に合いません。
と、と、トルコにいたっては、さらに短い150日!
もうすでに事切れてるやん。
転がる石のように風の歌を聴きながら川の流れに身をまかせていたら、我らの旅は万事窮す(←漢字)。
キルギスの日本大使館でパスポートを更新できなかったら、中央アジアのどこかで進退窮まります。
車で入国しているので、パスポートに車の印を押されてしまい、飛行機で海外脱出できないのです、たぶんね。
どうなる我が家!

 

昼飯。
カフェの娘さんがロシア語であれこれ言うのですがさっぱりわからず、ナニを言ってるんだね君はとずいぶん悩んだもんなんですが、ビュッフェでした。
そんなものがあるのか、旧ソ連同盟国に!
食べ放題で325円は異存はございません、ビュッフェでお願いします。
右手でチキンを食らいながら、お行儀悪いですが、左手でMacBook Airを操って仕事しました。
今日、納品なのです。
スマホのテザリングだから、通信が遅くてちゃんと送信されているのか心配です。
とはいえ、便利な時代です。

 

44P_3397

左手に雲に霞む天山山脈。アルマトイから30kmくらいは、風光明媚です。幹線道路から外れ、小さな集落を通り過ぎます。

 

44P_3409

果てしなく続く小麦色の輝く草原。色的に違和感がない相棒の「ChinGo!」。

 

44P_3411

起伏の激しい丘の連なり。こういうところから、モンゴル人が攻めて来たのですかね。

馬を追う青年。
道路を渡る牛。
丸く固まる羊。

44P_3407

巨大な鳥籠風お墓。 カザフスタンのお墓は立派です。

 

44P_3404

連続する墓の窓。

 

44P_3415

国境を越えます。向こうはキルギスです。

 

入国カードも車両用の書類も荷物検査もない、国境越えの詳細はこちら→

国境は一時間ほどで済み、車両の書類を書く事もなく、無事にキルギスに入国。
陽が暮れたのに、街灯が灯っていません。
そこまで貧乏ですか、キルギス?
住宅街は未舗装、巨大な水たまりが多く、穴にハマってはビビります。

季節外れの宿「Sakura」の外のキッチンとダイニングには、ふたりの西洋人が凍えていました。
ニュージャージー出身のフィルはチャリダー、愉快な人です。
カナダ人はアフガニスタンの英語教師で、不気味です。
なんにしろこの季節、外で飯を食べるのは無茶すぎる。
温かいスープを飲みながら、凍えそうだ。

部屋のストーブを最強にして、温もりを寄せ集めて寝ます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:ご飯、卵焼き、ベーコン
  • 昼→ カフェ:ビュッフェ(1,800ケンゲ/731円)
  • 夜→ 自炊:白菜とベーコンのスープ

国、地域別 中央アジア キルギス ビシュケク

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン