メコン川に沿って、世界の果てからこの世の終わりまで歩く。
ビエンチャン→(チエンマイ/タイ)150210

  • MixayParadise(朝食込み140,000キップ/2,172円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

少しでも痩せられればいいなと、甘い期待を込めた早朝散歩。
メコン川に沿って、世界の果てからこの世の終わりまで歩く。
遺憾ながら、地球は中国人に占領され中。

トゥクトゥクに乗って、評判の名店「PHO XUXU(フォー・スス)」へ。

P2108971

運転手の言い値は、50,000キップ。30,000キップ(442円)に下げてもらったのですが、まだまだディスカウントできたですかね。

炎天下のなか「PHO XUXU(フォー・スス)」を探しまわったのですが、改装工事中なのか閉店していました。
目指したお店が閉店…、間の悪さが信条のボクらにとっては普通です。
無駄な投資442円が、重い陽射しとなって脳天に食い込みます。
昼飯を求めて、得意のショッピングモールへ。
三階のフードコート六番コーナーで、いつもの麺類。
ビエンチャンに来たら、ぜひこの店に寄ってくださいね。
野菜皿に付いたくすんだ紫色の味噌みたいのが、全部食べると高血圧で死にそうだけど、塩辛くて美味しいです。

ラオスのビザなし滞在期間があと一日しかないので、タイのチエンマイへ移動します。
バス代は、330,000キップ(4,870円)。
少々高かったのですが、何かに心患わされることなく、年相応の安らかさをもって移動したかったのです。
チケットカウンターの女性に、「ミニバスに乗って国境まで行き、そこで大型バスに乗り換えるんですね!」と、何度も確認したわけですが、迎えに来たのはトゥクトゥクでした。
で、鉄道駅で降ろされ、十分待てと言われて一時間。
心中穏やかならざりけり。
昨今ラオスは韓国人に占領されていますから、ここはソウルかってくらいに韓国人の多い電車に乗り、隣のノンカイ駅で下車。
ピックアップトラックに乗せられて、ずいぶん離れたバスターミナルへ。
チケットカウンターの女性の言ってた手順と全然違ってたわけですが、ま、アジアでは普通だよね、こういうこと。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ ショッピングセンターのフードコート:麺類とコーラ(40,000キップ/590円)
  • 夜→ タイのバスターミナル:パッタイとコーラ二本(70バーツ/256円)

アジア 国、地域別 ラオス ビエンチャン

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン