→ペリート・モレノ/アルゼンチン1401019

  • Hotel El Austral(一泊600ペソを500ペソにしてもらった)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

早朝六時、カレータ・オリビア着。
歳とると、深夜バスが妙に疲れます。
どんだけ寝ても眠い。
そして首が痛い。
カレータ・オリビアのバスターミナルは、意外にも自動ドアっ、暖房付きっ、新築っ!
田舎とはいえ、野良犬が自在に自動ドアを使いこなすモダン都市でした。

バスを乗り継ぎます。
十一時、ペリート・モレノ下車。
ここで初めて気付いたのですが、ペリート・モレノは目的地のひとつ手前の駅でした。
本来の目的地は、終点のロス・アンティグオス。
田舎なもんで、次のバスは深夜。
夜中までバスなんか待ってられるかと、ガソリンスタンド横で一時間ほどヒッチハイクしたもんですが、ロス・アンティグオスへ向かう車は皆無でした。
皆、すぐそこのスーパーマーケットLA ANONIMAまでしか行きません。
ヒッチハイクを諦めてバスターミナルに戻ったら、チケット屋が閉店している間の悪さは、ボクらの得意技です。
ま、しかたがない、宿でも探そうかと重い荷物を引きずってセントロまで歩きました。
運悪く雨が降ったりするのも、ボクらの天中殺です。
一軒のホテルは、電話呼び出し制。
携帯がないので、連絡できません。
一軒は、ドアは空いているけれど誰も出てきません。
呼べど叫べど返事なし。
茄子術無し。
泣く泣く高級ホテルへ投宿。
Yukoの笑顔で、一泊600ペソを500ペソ(6,318円)に負けてもらいました。
とはいえ、部屋の電球が切れてました。
とはいえ、インターネットが繋がりません。
とはいえ、ホテルのレストランでピザを頼んだら、冷めてました。

仕事に勤しむ。

だけどあれだね、いいホテルって便座カバーと便座が重いもんですね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ バスのサンドイッチ
  • 昼→ 外食:ピザ、コフェコンレチェ、コーラ
  • 夜→ 食べませんでした

未分類 アルゼンチン 国、地域別 南米 ペリート・モレノ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン