痴れ者は、痴に溺れる。
エル・カラファテ11泊目/アルゼンチン1400911

  • Fuji旅館個室朝食付き
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

高齢の、じゃなくて恒例の早朝散歩一時間。
人気のない薄暗い道を、きょろきょろしながら歩く丸顔の東洋人。
なで肩なので、バックパックがずり落ちる。
ときどきカメラを取り出して、地面にしゃがみこみ、落ちてる手袋なんか撮影したりして、さぞかし不気味じゃないでしょうか。

久しぶりに自由課題の仕事。
ここに少ないリソースを集中したい。
集中の仕方がわからない。
眉間にシワが寄るだけです。

智者は、智に溺れる。
痴れ者は、痴に溺れる。
ボクは何に溺れる?
溺れるものがない。

六食分のボネーゼ作り。
アルゼンチンの安物のスパゲティの麺は、色が薄くてべたついて美味しくない。

昨日間違って買ってしまったギターの弦を交換しに出かけた。
無愛想な店員だけど、あっさり交換してくれて一安心。

近所のスーパーマーケットの肉屋で、中国人かい?
って訊かれた。
日本人だよ。
「おぉそうかい。Japonesかい、アンニョンハセオっ!」
違うがね。

Sushi Barからご帰宅のオーナー夫妻から、お寿司のお土産。
夜のお土産は、お寿司に勝る物はないね。
食べ終わった後に、わさびを捨てるのがもったいないから、珍くんのお寿司にたっぷりつけた。
涙を流して、喜んでくれた。
鼻が赤くなってた。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食:焼き魚ペヘレイ(Pez del Rey)
  • 昼→ 自炊:スパゲティ・ボロネーゼ
  • 夜→ 自炊:ステーキ(Bife de Chorizo)

アルゼンチン エル・カラファテ 国、地域別 南米

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン