一分で9,719円も儲かっちゃうアルゼンチン。
ブエノスアイレス13泊目/アルゼンチン1400618

  • 上野山荘11泊以上は、65ペソ(7USドル)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ゴシゴシと鍋の蓋を洗う。

P6185688

バックパッカーの積年の汚れ。

P6185690

割り箸で、汚れをこそげ落とします。

P6185691

輝きを取り戻した蓋。ちょこっとだけ、Photoshopで逆行補正したんだけどね、この写真。

今日もまた病気のJ君に留守番してもらい、散歩。
歩行者天国のフロリダ通りは、US$狙いの多珍簿両替屋だらけでした。
あっちでカンビオー(両替ぇー)、こっちでカンビオー(両替ぇー)とウルサイです。
普段はUS$1=11.5ペソですが、今日は12ペソ。
お、いいじゃん。
例えばUS$200を闇両替すると、200×12=2,400ペソになり、
通常の為替レートだと、US$200は1,625ペソなので、
儲けは、2,400−1,625=775ペソ
両替するだけで、日本円で9,719円も儲かっちゃうのです。
いい国ですねー。
とはいえ、アルゼンチンは去年一年間で五割以上も物価が上がっているので、闇両替してもお得感はあまりないです。
気持ちの問題ですけどね。

不景気ですが、サンマルティン広場(Plaza San Martin)とセンテナリオ公園(Parque Centenario)に、ワールドカップ用大スクリーンが設置されています。
寒いから絶対に行かないけれど。

質問なんですが、
刑務所へ入るときって、服やら腕時計やらを預かってくれるんですかね、何年も何十年も?
入所したときが夏真っ盛りでTシャツ短パン、出所するときが極寒の二月だったら、どうなるんでしょう?
誰か服とかコートとかを貸してくれるのでしょうか?
預かってもらってた服がカビだらけになってたとか、そういうことないんでしょうか?

個人的に覚えておきたい言葉↓
Aquí hubo mano negra(ここにマノ・ネグラがあった)
Mano Negraは、マヌ・チャオの昔のバンド名です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、卵焼き、サルチーチャ
  • 昼→ 自炊:アンチョビとキャベツのスパゲティ
  • 夜→ 自炊:魚の缶詰とみそ汁

アルゼンチン ブエノスアイレス 国、地域別 南米

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン