フィリピンで英語留学してる、サエナイ中年オヤジです。
頑張り具合では、初老と呼ばれる歳かもしれません。
腰に力が入りません。
っていうか、腰を使うことがありません。
授業は、残すところあと一週間。
おっさんの切れのいい粘り越しをお見せいたします。

授業中のことです。
先生にお米を炊く方法について、英語で説明したわけです。
“最初は強火で炊いて、沸騰したら弱火にする”という内容の英文を書いたら、あっさりと駄目だしされました。
ヨシ、この英文は駄目だわー。
はぁはぁ、さいですか。じゃ、どう書いたらいいですかね?
私は料理をしないから、弱火とか強火とかよくわからないのよ。ハハハ
そういう問題?

次に、ヨーロッパのシェンゲン協定について、英語で説明しました。
ヨーロッパには、180日間内に90日しか滞在できないというルールについてです。
これって日本語で説明しても、一回で理解できる人が少ない微妙に難しいルールで、180日間という期間がポイントです。
持ちうるすべての英語力を総動員して、時には修復不能にまで混線しながら奇跡の復活を遂げ、ご理解ご尽力に努めましたが、先生は完全に勘違いしています。
90日間ヨーロッパにいたら、一回日本に戻って、またヨーロッパに戻ればいいじゃん、などと能天気なことを言ってます。
それじゃ、180日間をいう区切った期間に意味がないということに気付いていません。
っていうか、180日間という数字をそもそも無視しています。
理解できないことは考慮しないという先生の揺るぎない姿勢に、心が折れそうです。
システムを理解できないというより、ボクの英語に致命的な瑕疵があって、簡単な内容を複雑にしていると考えているようです。
先生違います、よく聞いてください、この協定は、ヨーロッパで外国人が連続で90日以上違法労働しないように期限を区切っているのです、と背景まで説明したのですが、それと期限がどう結びつくのかが納得いかないようで、話はますます迷宮入りです。
英作文のテーマ選びに失敗した一例です。

先生によると、単語の ThiefとRobber は、同じだそうです。
なんとなく納得しかねる私です。
GrillとBarbecue もまた、同じだそうです。
これまた、なんとなく納得しがたいものがあります。

シャワー中にピアスのキャッチャーを紛失。
ショッピングモールのエバーで探してたら、親切なお姉さんが無料でくれました。
無料(ただ)より恐い物はない、という言い伝えがありますが、何ひとつ恐いものなし。

飴を買いに再びエバーへ。

今日のお小遣い
スーパーで飴を買いました。お口が寂しいのです 46ペソ

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 韓国海苔が嬉しい
  • 昼→ 魚のフライにソースをかける
  • 夜→ 肉。なぜかケーキ

アジア フィリピン マニラ(ケソン) 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • 毎晩楽しみに見ているので怒涛の更新が、うれしいです!

    • まつもとさん、ありがとでございます。
      次の怒濤は、土曜日!
      いつもと代わり映えしませんが、乞うご期待!

お便りを投函。ポトン