バスが逃げた!パクセ→フエ/ベトナム130302

  • NGOC BINH(一泊US$10)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

フエ行きのバスは、空いてた。

 

パクセからフエに向かうバス。

バスそのものは普通で、それなりに快適。

基本的にトイレ休憩はありません。
我慢出来なくなったらバスを停めてもらい、道路沿いの草むらで用を足します。
ところが草むらに隠れていると、運転手が気づかずに出発してしまうことがありまして、おばちゃんがひとり置いてかれました。
絶対に点呼をとらない、恐ろしいバスです。
国境では、トイレに行ってた西洋人の娘さんがひとり置いてかれました。
友達がStop!と十回くらい叫んでたけど、それでもバスは停まろうとしなかったので、確信犯かもしれないと疑ったりしてます。

ベトナムのお金もラオスのお金もないので、昼飯抜き。

夕暮れ時、ふと窓の外を見ると何やら覚えのある風景で、どうやらフエに着いたようなんだけど、停まる気配がありません。
景気よく爆走しています。
なんとなく嫌な予感がして、運転手とその取り巻き連中に、ここフエじゃない?
って訊いたら、彼らが急にドタバタと慌てだして、西洋人のバックパッカー2人組とその場でバスを下ろされてしまいました。
ここでフエ行きのバスを拾えと、ご無体な捨て台詞を残してバスは一目散に逃げてしまいました。
どうやら通り過ぎてたようです。
無責任な…。
日本の国道一号線のような幹線道路でいきなり下ろされ、途方にくれる日本男児四十八歳なで肩。
肩にぶら下げた弾けもしないギターが、妙に悲しい。
いつまでたってもバスなんて一台も通らないので、タクシーに乗ったんだけど、US$で支払ったらお釣りを誤摩化されたりして、文句を言ったらトボケるし、面倒臭いアジアです。

馴染みの食堂で晩飯を食べてたら、日本人の男性が来たので、一緒に乾杯しました。
北海道の某大学の先生で、同じ歳でした。
ゴーヤとエビのスープとか、空心菜炒めとか、川魚の甘露煮に似たものとか、ひとりだと絶対に食べない料理にありつけました。
先生、お陰様でいいビールだったです。

今日のお小遣い
出国 US$1
入国 US$1
タクシー US$5払って、お釣りが30,000ドン(損してます)
ATMで200万ドン下ろしました(手数料30,000ドン)
晩飯 200,000ドン

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ 食べませんでした
  • 夜→ ステーキ他いろいろ。ビール数本(200,000ドン/885円)

アジア 国、地域別 ベトナム フエ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン