性懲りも無く…。香港→アンヘルス/フィリピン121017

再び、フィリピンまで飛びます。
空港までは、バスだと1,200円($香港120)くらいなのに、荷物が多いのでとExcuseしてタクシーに乗り、1,900円(香港$190)払いました。
贅沢した700円分、反省しています。
 
搭乗口近辺のなるべく目立たないベンチで、祐子の握った具のないおむすびを食らいました。
隙間なく海苔を巻いた真っ黒い塊です。
おかずは祐子の好物6ピースチーズに、これもまた海苔を巻いたものです。
東洋人って黒いものを食うから気持ち悪い…、そんな風評被害に遭われたら、犯人はボクらです。
img_6pcheese.jpg
Cebu Pacific Airへの預け荷物は、
一、新しいキャリーバッグ→19.4kg
一、バッグパック→16.1kg
一、小さいスーツケース→14.2kg
合計49.7kg。
預け荷物の50kg以下は、久しぶりです。
ただ残念なことに、10kg分の手荷物超過料金を前払いしていたので、500円損しました。
累計1,200円分の猛省。
 
Cebu Pacific Airのチェックインカウンターにて。
出国チケットの出力紙がないと発券できませんと、断られました。
薄々こうなるんじゃないかなぐらいの胸騒ぎがありましたが、がびーん、です。
恐る恐る尋ねます。
どこでプリントできますかね?
「Malaysia航空さんで、プリントしてくれます」
おっしゃる通りでございました。
Malaysia航空のチェックインカウンターを訪ねたら、嫌がらずにチケットを印刷してくれました。
しかも無料で。
どこの空港でも通用する手口だとしたら、かなり有効です。
関係ないけど、今回、ギターは預け荷物にされてしまいました。
 
「世界一安い留学」と宣伝中の「ネポボーディングハウス」に到着。
本当に世界一安いんでしょうか?
調べてないんでわかりませんが、とりあえず今回の費用をご紹介いたします。
祐子とのシェア部屋、一日四時間の授業が4週間、食事代、部屋代込み、一人分のお見積もりは

98,962円(10万円以下!)

ただこれ以外にビザだのなんだかだのの費用が、意外にかかって

14,000円

プラスになります。
二段ベッドの新しい部屋に案内され、取り急ぎ仕事しました。
どれだけ新しい部屋かというと、祐子のベッドのマットレスには、まだビニールが巻かれたままです。
 
追伸。
エアコン代は、別途請求されます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 祐子の握った具のないオムスビ。おかずは、6Pチーズに海苔を巻いた
  • 昼→ フィリピンのローカル食堂。ボクはビーフの煮込み。祐子は煮魚。167ペソ(335円)
  • 夜→ 焼いた茄子と焼き魚、みそ汁

アジア アンヘルス フィリピン 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン