見知らぬ女性を訪ねたら、祐子の魔女仲間でした。マタラム→マリノ/スラウェシ島/インドネシア120915

  • ルリコさんが手配してくれたWisma Perum Bulog(0417-21031)IDR250,000/2.069円
  • Internet@ インターネットなし

三時半起きで、スラウェシ島へ飛びました。
 
スラウェシ島のマカッサル空港に群がるタクシーの客引きは、どん欲です。
インドネシアにも、仕事熱心な人たちはいるんです。
一番しつこいドライバーに、やっぱしつこい奴が勝つんです、っていうかボクらが負けるわけですけど、メーターを使ってくれと再三お願いして乗ったら、途中で車を停めて、食堂で昼飯を食い始めました。
一番しつこいだけあって、客を待たせて飯を食うくらい屁とも思わない、たいした御仁です。
「事なかれ」を教義とするボクらは、文句ひとつ言わずおとなしく待ちます。
事なかれ主義と書いて、へたれと読みます。
ふと運転席を見ると、メーターが順調に値段を上げてました。
セニョール、飯食うときは、メーターを止めてください。
 
で、そのメーターなんだけど、機能的に一時停止することができないのか、心の底から図々しいのか、食後に走り出したら、初乗り料金のIDR5,000からスタートしてました。
自分だけ勝手に満腹になったドライバーが、これで問題ないよね、って笑ってたけど、大いに問題あるがね。
宿に到着して合算したメーター料金を支払えば、空港駐車場の領収書を取り出して、これも払えという、どこまでも厚かましい人でした。
知らんがね、おっさん。
 
で、やっと本題です。
今日の訪問先は、ホテル王のルリ子さんです。
ボクらと同じ歳なんですが、妙にこゆい人生を送られてまして、とてもじゃないけどボクの拙い文章ではご紹介できないので、こちらからどうぞ↓

ブログの「Day 8 最終日~」をたまたま目にして、思わずメールをしてしまい、今回の押しかけになります。
先月完成したばかりの彼女の新居に、触れてみたかったのです。
たった二人の大工さんで、八日間で竣工した奇跡の物件です。
P9166755.jpg
建築面積目測三坪の二階建て。
一階は、キッチン等の水回り。
トイレとシャワーは、開放感あふれる壁なしタイプです。
ルリ子さんは、もう何年もシャンプー、石けん、洗剤を使わないエコ派なので、排水は自然に放出してます。
P9166779.jpg
二階は寝室、前後にバルコニー。
P9166765.jpg
右側は、竹林。
柱は、直径15cmくらいの竹です。
基礎は、ありません。
柱は、地中に埋め込みです。
鶏が家庭菜園を勝手に食い散らかし、猿が食料を盗み、沢に下ればワニが出ます。
バルコニーからは、ジャングルと地平線が続く、崖っぷちハウスです。
P9166748.jpg
100万ドルの眺望ですが、建築費はもろもろ合わせて、たった十万円!
安すぎて、意味が分かりません。
  
人見知りするというルリ子さんが、ボクらのような身元不明の旅ものを歓迎してくれたのは、「前世の縁」繋がりでした。
なにやら前世においては、彼女と祐子は魔女仲間で、祐子が先輩です。
彼女とボクは、兄弟以上の近い関係だった感が漂っていたので、もしかして夫婦だったのかもしれません。
その節は、お世話になりました。
お喋りしながら、デジャブってました。
スピリチュアルな午後。
手すりのないベランダから、夕陽と雲と青空(Top画像)。
 
アラスカかカナダに、こんな家を建てたい、のです。
 

【メモ】
祐子のバックパックは、10.3kg。
ボクのは17.8kgと、パソコンバック9kg。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ハンバーガー。祐子は卵トースト
  • 昼→ ルリコ邸の野菜カレーと焼きたてのパン
  • 夜→ 食べませんでした

アジア インドネシア スラウェシ島 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • おおおおお〜やっぱ、一眼レフだと、かっこいいな〜。
    いや、カメラマンの腕がいいから・・・でした。失礼。笑
    我が家の豪邸写真の永久保存版にしやす。
    (建物何年もつか解らんし。笑)
    本当に、ありがとうございます。^^
    私は、お二人を見送ってから、ひとりでデジャブってました。笑
    しかし、アラスカじゃ〜壁無しな訳にいかんからねぇ〜。
    寒すぎて遊びにいけないから、もう少し、あったかいとこにしてくださいよん。笑

  • アラスカじゃ、三メートルくらい高床にして、ネズミ返しで熊を撃退。
    階段は、取り外し式。
    壁は最低10センチの厚さがいるよね。
    夏、遊びに来てくださいな。

お便りを投函。ポトン