祐子の耳がダンボってます。ジョグジャカルタ15泊目/インドネシア120809

  • Maharani guest house一泊IDR250,000(2,058円)を一割引にしてもらいました
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

昨日蜂に刺された祐子の耳が、カリフラワー系に腫れてきました。
柔道部ですかあなたっ、って感じです。
気の毒なので、スーパーマーケットで、熱冷まシートを買って来てあげました。
スーパーマーケットの帰り道、薬局を発見。
知的な顔したお姉さんに、英語は話しますか?と尋ねてみました。
英語は話せません、とボクより遥かに流暢な英語だったので、「蜂刺され事件」について英語で説明しました。
が、一字一句も理解してもらえず、起死回生にメモ用紙に思いの丈を綴りましたが、一瞥しただけで読もうともしてくれません。
嘘でも誠意を見せてくれって感じです。
蜂のBeeからして通じないので、”Strong Mosquito”と妙訳したボクの努力は、後世に残る無駄に終わりました。
 
宿の娘さんたちが祐子の耳を心配してくれて、蜂刺されに効きますよと、刻んだタマネギと、妙に臭い薬瓶をくれました。
刻んだタマネギ、うわっ、思いっきし民間療法じゃんっ、と思いましたが、顔には出さない大人のボクです。
祐子は神妙に、タマネギを耳に刷り込んでました。
ありがとう、とお礼をして、病院「Panti Rapih Hospital」へ向かいました。
 
レストランで晩飯食べて、M師とお喋りして、ふらふら歩いていたら、町は停電してました。
宿は漆黒の闇。
スタッフの青年が、ろうそくを買いに走りました。
危機管理能力のない宿です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。サンドイッチ。祐子はパンケーキ
  • 昼→ ナシゴレン,祐子はミゴレン,アイスティー
  • 夜→ クラブサンドイッチとビール。祐子はサンドイッチとジュース

アジア インドネシア ジョグジャカルタ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン