RM380(9,977円)を支払って、キナバタンガン・サファリツアーに来ています。
オランウータンと世界一小さなボルネオ象が目当てですが、鼻デカのテング猿も侮りがたいです。
 
朝6時、第七回アトラクション「キナバタンガン河早朝クルーズ、Again」
体長4メートル以上のクロコダイルを発見するも、露出を間違えて、撮影失敗。
再びクロコダイルを発見するも、またしても露出を調整できず、撮影に失敗。
P5044420.jpg
ここのクロコダイルは、人を襲わないそうです。
蛇は、イノシシを丸呑みするぐらいですから、油断すればボクらだってガッツリやられます。
そんな大蛇に会いたかったです。
以上をもって、キナバタンガンサファリツアーを終了いたします。
お疲れさまでした。
世界一小さいボルネオ象は、うんちだけ拝見。
思い出作りに、匂いでも嗅いどくべきだっただろうか。
朝飯時、フィリピンに住む、合気道好きのドイツ人カップルと、宮本武蔵について語り合いました。
 
クンダサンの町外れでバスを降り、予定していたホステルを訪ねましたが、ネットがありませんでした。
クンダサンの町は、ネット屋すらないそうです。
このホステルのオーナーを思われる、キナバル山の元ガイドのおばちゃんにRM20(円)払って、Wi-Fiがあるであろう他の宿へ送ってもらいました。
タクシーの相場が、15キロ先の町まで走ってもRM20(524円)だから、今思うとずいぶん高いね。
 
雨の中、クンダサンの町へ散歩して、飛び交うハエと格闘しながら、遅い昼飯。
宿に戻れば、Wi-Fiが無料だから泊まってる宿なのに、ネットが通じませんでした。
レセプションのお兄さんに「ネットが通じませんよ」と伝えると、新しいパスワードをくれました。
新しいパスワードを拒否されたので、再び訴えると、またしても新しいパスワードをくれました。
同上、再び繰り返す。
いくつパスワードを持っているのでしょう、彼。
パスワードとは、いくつも持つものではありませんよP5044420.jpg
まったく役に立たない青年でした。
 
霧に霞むキナバル山を望むボクらの部屋。
P5054463.jpg
そして停電。
闇。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ トースト、豆、ソーセージ、卵焼き
  • 昼→ チキン麺。祐子はチキンライス
  • 夜→ ワンタンホー。祐子はトムヤム麺

アジア マレーシア 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン