RM380(9,977円)を支払って、キナバタンガン・サファリツアーに来ています。
オランウータンと世界一小さなボルネオ象が、目当てです。
 
早朝6時、第三回アトラクション「キナバタンガン河早朝クルーズ」。
木々を軽快に飛び移る猿たち。
いいね。
一番高い木の頂辺に鎮座する、偉そうなイーグル。
P5034298.jpg
朝飯後の9時、第四回アトラクション「ジャングル三時間トレッキング」
人懐っこい毛虫以外、収穫なし。
DSC03446.jpg
何も語らぬ象の糞。
伸び縮みするのは愉快だけど、少しも愛せないヒル。
DSC03420.jpg
ジャングルの不快な湿気で、汗ぐっしょり。
水シャワーを浴びたいけれど、お湯しか出ないシャワーブースしか空いてない不運。
着替える服がない不運。
昼食後、夕方まで自由時間。
自由時間を手に入れても、エレクトリックフェンスに囲まれたこのコテージ、出かけることはままなりませぬ。
象でも攻めて来ないだろうか。
 
16時、第五回アトラクション「キナバタンガン河クルーズ。夕暮れ編」
だんだんと登場回数が増えてきた猿たち。
鼻でかのテング猿が、意外に可愛いです。
ただ赤いチンコが、気持ち悪い。
 
晩飯後、第六回アトラクション「夜のジャングルトレッキング、再び」
真っ暗闇のジャングルを、ぬかるむ泥道をズボズボッ踏みしめて、無言の行進。
手のひらサイズの小さい猿が、梢にしがみついて寝ていました。
DSC03487.jpg
懐中電灯で照らし、フラッシュを浴びせまくり、誰かが豪快なくしゃみをしても逃げることなし。
猿よ、自然児とはそういうものなのか、緊張感が足りないのか。
それで天寿を全うできるのか、ボクはとても心配です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 目玉焼き、ソーセージ、焼きそば、豆
  • 昼→ チキン、緑色のスープ
  • 夜→ チキン、焼き魚、ポテトサラダ、マッシュルームスープ

アジア キナバタンガン マレーシア 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン