朝っぱら銃声。ほぼマニラ、68日目/フィリピン111208

  • 英語学校「EB」にて寮生活
  • Internet@ 「EB」はWi-Fi無料

世界一周中ですが、気まぐれにフィリピンで英語留学してます。
アレを揉みたい、コレを揉みたいくらい言えるようになりました。
 
なんだかんだで二ヶ月以上になるわけです、勉強し初めて。
先生の喋る英語がまったく意味不明でも、したり顔で頷けるくらいまで、上達しました。
時には腕を組んで、二、三度大きく頷いたりも出来ます。
先生の目をしっかりと見て、知らない単語を聞く度に視線を逸らすようこともありません。
ま、その辺のテクニックはすでに旅行中に仕込んだわけですが、磨きがかかりました。
ただ急に質問されて、妙に狼狽えたりするあたりが、まだまだ修行がたりません。
 
授業は残すところ、5日。
夏休みが近づいた子供のように、そわそわしてます。
おっさん、落ち着け、深呼吸。
ズボン脱いでどうする?
 
朝6時、銃声ありました。
二、三発以上、十発未満。
チンドン屋風の楽団が、音楽を演奏しながら町を練り歩いて来ました。
朝の6時に。
無茶苦茶迷惑な連中です。
花火だか、爆竹だかも鳴り出すし。
大丈夫なのか、フィリピン。
 
石けんがあと一週間もちそうにないなぁ。
と、微妙なことに悩んでます。
 
「on the contrary」を英辞郎で調べたら、35秒もかかりました。
電話回線使ってるんじゃないだろうね?
 
一日中、爆竹の音、やかまし。
 
夜中、ずーっと読書。
あぁ、梁山泊よ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 白菜炒め
  • 昼→ 忘れた
  • 夜→ 豚肉炒め、美味しかった

アジア フィリピン マニラ(ケソン) 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン