おばさんの力技に泣いた夜。ほぼマニラ、56日目/フィリピン111126

  • 英語学校「EB」にて寮生活
  • Internet@ 「EB」はWi-Fi無料

「ピアスの穴、どこで開けられるか知ってる?」
ショッピングモール Ever の雑貨店で、弁当を食べてた小太りなおばさんに訊いたら、弁当を閉じながら、私が開けるわよ、気安く引き受けてくれました。
そのにやけた笑顔が、何気に心配ですけど。
ま、そこ座んなさいよ、と椅子を出されて、ボクの持ってるピアスを見て、これじゃ駄目だわと、別のピアスを薦められました。
何故ボクのピアスを拒否するのか全然理解できませんでしたが、全部で200ペソでいい(360円)というので、小太りおばさんに身を任せることにしました。
ボクの指差す耳のポイントを確認して、消毒液に浸けてたピアスを取り出し、耳にあて、おばさんはこともあろうか、そのままぐいっと力を込めました。
ピアスそのもので、穴を開けるんかいっ!
無茶苦茶、原始的な手法です。
しかもボクが耳の軟骨部分を指定してたから、痛みと恐怖で膝が震えてきました。
おばさん、どんだけ力自慢だか知りませんが、ほ、骨に棒をただ押すだけで穴を開けるなんて、どうかしてないかい。
せめて安全ピンを使おうよ。
おばさんがにやにやしながら、失敗したからもう一回、ってあんた鬼やがな。
夜になっても痛みが去らない。
 
土曜日だし、8時ごろからぼちぼち勉強しました。
おっさんには、このぼちぼち感が大切。
座右の銘は、ぼちぼち。
英語合宿を始めたころは、勉強に慣れなくて集中力がなく、ここの生活に慣れると余裕ができて、やはり集中力がない。
集中するってどういうことなのだろうか、と勉強中に考えてます。
 
東京の根城探しで、大量にシェアハウスの問い合わせをした。
 
ボクの部屋は、燐家からかみ殺したアクビが聞こえる程度の防音設備を誇っています。
 
単語カードの訳文に、毎日の毎にサンズイを付けてました。
海日。
意味がわからん。
しかも一カ所だけじゃなかった。
大丈夫か、おっさん
 
晩飯後、飲みに出かけた。
あーやれやれ、やっぱりビールだよ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 甘い焼いたソーセージか、昨夜のカレー
  • 昼→ 覚えてない
  • 夜→ 忘れた

アジア フィリピン マニラ(ケソン) 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン