バヌアツ→世界一近くで噴火口が見られるタンナ島へ110403

  • Tanna Evergreen Resort(一泊6,800vt。高い方は8,800vt)
  • Internet@ ダイヤル回線のみ。使いませんでした

今日は火山で有名なタンナ島へ移動します。
 
朝っぱらから、昨夜飲み残したワインをちびりちびり飲む。
ちょいと仕事。
NHKの執筆。
祐子は荷造り。
軽く地震がありました。
 
二軒隣りの韓国人夫婦の奥さんが、迎えに来たタクシーに
「早過ぎるじゃない、8時半過ぎに来てよ」
って叫んでました。
今、8時30分。
 
ドイツ人のクラウスと井戸端会議。
 
ちょっと川柳をひねってみました。

なんにしろ 謝る気のない 遺憾の意

この唐突な川柳は、旅とは全然関係ありません。
気にしないで下さい。
 
午後、タンナ島へ飛びました。
タンナ島を上空から見下ろすと、緑に覆われただけの島です。
茶色く頼りない道路がわずかにくねってて、黄土色の屋根がぽつんぽつんと点在してます。
空港には客引きはいませんでした。
たった一人だけ、兄や弟や従兄弟がそれぞれバンガローに勤めているという地元民に声を掛けられましたが、売り込みに熱意がないので、流されるようにバヌアツ人が経営するという有名な「Tanna Evergreen Resort」への車に乗ってしまいました。
Tanna Evergreen Resortは見た目はご立派ですが、ネットはダイヤル回線しかありません。
ま、どこへ行ってもネットは望めないと思われます。
電気は夕方の6時半から3時間ぐらいだけ、自家発電です。
ま、どこへ行っても似たようなものらしいです。
近所にレストランはありません。
ま、レストランがないというより、近所に家がない。
つまり近所というものすらない。
今からタクシーで唯一の町レナケルへ移動するのは死ぬほど面倒だし、レナケルだってどれほどの町がわかったもんじゃないので、というか全然期待できないので、共同トイレの安い部屋(一泊6,800vt。高い方は8,800vt)を借りました(写真↓)。
P4040936.JPG
レストランの一角を陣取り、ゆーっくり沈む夕焼けをぼんやり眺めて(トップの写真の景色)、そのまま晩飯にします。
テーブルにトッケイの糞が二本ありますが、気にしては生きて逝けません。
臑を蚊に食われてますが、防ぎようがありません。
食後はすることがないので、軽く読書してすぐに就寝。
蚊帳がありがたいです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中なので食べません。祐子はパン
  • 昼→ インスタントラーメン
  • 夜→ Tボーンステーキ(3,000vt)。祐子は魚(2,700vt)。贅沢だと思われるでしょうが、それしかないのよ

オセアニア タンナ島 バヌアツ ポートビラ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン