-Turf Houses-

くらりくらりと丘酔い。
→トースハウン/フェロー諸島/(フェリー三泊目)160919

  • フェリーの男ドミ
  • Internet@ インターネットなし

このアイスランド行きのフェリーは、フェロー諸島でストップオーバーする特典付き。
トースハウン港は、小さな小さな町です。
寂しい燈台と冷たい雨。
ナニも飛ばせぬ砲台。
Turf Housesと呼ばれる、屋根の上の雑草。
くらりくらりと丘酔いしながら、集落を散策。

ショッピングモールで、紅茶(54クローネ/837円)を飲みながら、インターネットのひととき。

今日も船酔いです。
夕食を食えません。
予約していたから、14ユーロの損害です。
今晩もYukoは完食。

以下、トースハウンの風景。

44p_0181

伝統的な屋上緑化「Turf Houses」。

 

フェロー諸島は鯨を食べますから、EU未加入のデンマークの自治領です。
そういえば大塚に住んでいた30年前、毎晩のように鯨食べてたです。

44p_0215

生え際。

44p_0205 44p_0206 44p_0218

44p_0201

町のオブジェクトですが、わけわからない銅像とかを飾られるより、単なる大きなベンチのほうがいいよね。座れるし、写真撮っても面白いし。

 

44p_0192

我らのフェリー。8階建て。

 

明日、ようやくアイスランド上陸。

 

今宵も男ドミでは、ほぼ全裸の青年が寝乱れる。
どうして毎晩、君の尻を見ながら寝なきゃならんのかね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ フェリーの食事
  • 夜→ 今日も船酔いで予約しておいた夕食を食えず。Yukoは完食

ヨーロッパ 国、地域別 フェロー諸島 トースハウン

トラックバック用URL

氷河に囲まれた秘境に突っ込み、川に阻まれる。
Skólabraut→Vík/アイスランド(12泊目)161001

  • レセプションが開いていないので、結果的に無料だったキャンプ場
  • 本日の走行距離 202(アイスランド合計2,370)kmキロ
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi(感度びんびん)

アイスランドの観光は、滝巡り。

dsc_1490

セリャラントスフォス(Seljalandsfoss)の滝。岩や棚に邪魔されることなく、まっすぐ落ちるストレートな滝。普通の滝ってあっちこっちにひね曲がったりぶつかったりしていますから、こういう滝は意外と珍しいです。

 

dsc_1453

水の裏側を歩ける滝です。

 

アイスランドの旅の醍醐味は、人里離れた中央高原攻め。

dsc_1467

トール(Thor)渓谷、秘境ソゥルスモルク渓谷を目指したものの、川につぐ川攻撃に撤退。

 

ソゥルスモルク渓谷は、エイヤフィヤトラヨークトル氷河、ミールダルスヨークトル氷河、ティンドフィヤトラヨークトル氷河に囲まれた自然保護区。
前人未到感充実の大地。

 

dsc_1472

地質学調査隊が、 「そこまでで止めとけ!」 って、わざわざ止めに来てくださいました。 はい、帰ります。

 

 

dsc_1476

伝統的な雑草の家「Turf Houses」。

dsc_1482

dsc_1497

昨夜、キャンプ場のおばさんに言われたとおり、氷河に近づけず。  dsc_1474  dsc_1492

 

 

 

今日のキャンプ場は、レセプションが無人。
誰も集金に来ないので、無料。

晩飯はドイツ人マルコに貰ったラムステーキ。
尋常じゃないくらいに塩辛いです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ベジタブルハンバーグとマルコのジャガイモ
  • 昼→ 「タケルくん」のご飯とカレー
  • 夜→ マルコのラムステーキ、鶏のホイル焼き、鶏の串焼き

ヨーロッパ 国、地域別 アイスランド(軽自動車で一周)

トラックバック用URL