-Silver Wing 600-

ボクがSilver Wing 600をひとりで運転してます。
後部座席で鎮座する祐子が、ナビゲーターです。
祐子にとって地図が見やすいように、ボクが透明な地図バックを後向きに、タスキ掛けしてました。
けど、すぐにやめました。
かっこ悪いんで。
肩凝るし。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Jun 29, 2005

旅のお買い物 Column

トラックバック用URL

〈初代の相棒Silver Wing 600〉
アメリカで転んでみた

スクーターなのに、両足が地面にとどくのに、ときどき転んでみたりするのです。
砂利道が苦手です。
2005-09-29u204.JPG
泥や砂もいけません。
2005-07-09u110.JPG
雨もいけません。
よく晴れた日の駐車場に駐車してたら、熱でアスファルトが融けてしまい、スタンドがめり込んで倒れたこともあります。
ちなみに荷物が重過ぎて、ボクらだけでは倒れたスクーターを立ち上げることができません。
誰かが通りかかるのをぼんやりと待ちます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Jul 20, 2005

未分類 初代の相棒Silver Wing 600 Column

トラックバック用URL

〈初代の相棒Silver Wing 600〉
相棒が激しく汚れたこともありました

北極海から帰還したら、相棒のHONDA Silver Wing 600がすっかり汚れてました。
洗車の担当は祐子です。
ボクは手が汚れる仕事が苦手です。
 
北極海まで続く唯一の道、ダルトン・ハイウェイは、500キロくらいガソリンスタンドがないので、予備タンクを二個買いました。
パンクをしても町がないので、パンク修理キットを10個。
熊よけに鈴。
熊撃退用のベアスプレーは買い忘れました。
この頃、本気で熊が恐かったです。
テントの入り口に鈴をぶら下げて寝たものです。
今思えば、そんなことして何の効果があると言うのでしょう。
風に揺れる鈴の音に、熊が逃げるというのでしょうか。
教えてください、自分。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Jul 20, 2005

初代の相棒Silver Wing 600 Column

トラックバック用URL