カバンのなかには凶器がたくさん。
モンバサ→ナイロビ/ケニア190925

  • Elizabeth’s house 20USD(+) /prpn Share House +PP +WiFi
  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi

ヨーロッパに飛ぶため、ナイロビへ向かいます。

ケニア自慢のSGR(Standard Gauge Railway)という電車は、2年前に開通したMade in China。噂の一帯一路鉄道です。

 

ボクらが駅に着いたころかどうかは知りませんが、大阪空港では保安検査員がナイフを見逃したとかで、20便以上が欠航して大騒ぎだったわけですが、モンバサ駅の検査も厳しかったです。

たかが電車なのに。

十徳ナイフが見つかっちゃいました。

続いて、果物ナイフも。

包丁も。

ハサミもダメだって。

全部没収すると言うから、必死で謝りました。

ごめんなさい!

母の形見なんです!ぐらいの勢いで。

警備員が何か言うと、英語はわからないのです!と遮って。

正論は一切聞かないで。

全力で謝ります。

で、まぁ、なんとかなったわけですが、包丁を持って電車に乗れないとは、つくづく不便な世の中になったものです。

 

自慢の一帯一路電車は、そこそこ快適です。

国立公園のなかを突っ走るので、窓の外に象さんの親子。

ケニアに来てサファリに行く時間がなかったら、「一帯一路象電車」がいいかも。

今日は、ナイフを持ち込めないという「想定外」をなんとか乗り越えましたが、明日は「そこそこ想定内の想定外」があって、これまたひどい目に遭いました。

ケニアは一筋縄ではいかないです。

 

 

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:卵焼きだけ
  • 昼→ 自炊:ご飯と梅干し
  • 夜→ 外食:隣のホテルのレストラン。カルボナーラと魚

国、地域別 アフリカ ケニア ナイロビ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン