クラッチが泣いている。
ナイロビ32泊目/ケニア190903

  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi

船会社の「I. Messina (K) Ltd.」へ。

支局長のCyprian Khamala氏が、昼飯も食べずに対応してくれました。

支局長はできる漢(ビジネスマン)ってな感じでして、その場で次々と電話してくれまして、解決に向かっているような気分にしてくれます。

お会いできて幸いです。

あとは、エージェントの返事を待ってボクら決断するだけ。

とはいえ、機が熟しても決断できないのが我が家。

決められない。

走行中に水温計(Cool)が点灯するのと、クラッチを踏むとシャーーーーーーって鳴るのがなければ、迷うことなくジブチなんだけどなぁ。

あ、あと、道路の盛り上がり「ハンプ」を乗り越えるときに、ぶぶぶっと音が鳴るんですよ、最近。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:ミューズリーと卵焼き
  • 昼→ 自炊:トマトスパゲティ
  • 夜→ 自炊:卵焼き、ベーコン焼き、玉ねぎとピーマン焼き、スープ

国、地域別 アフリカ ケニア ナイロビ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン