ウガンダで知るコンゴ人の人情。
ウガンダ5泊目(通算68泊目)190629

  • Airbnb:The Zone Houseは一泊12.3US$!朝食付き
  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi

ウガンダ旅行の真髄は、UberとAirbnbです。
毎日、泣かされています。

 

今日のUberタクシーは、ドタキャンはしないけれど、家まで来ない無精者。
携帯で道順を説明しても、あまりにも道路が七転八倒だからか、路地のふたつ手前あたりで尻込みしているみたい。
新宿育ちのボクら寝泊まりしている場所に、ウガンダ人のあんたが怖がってどうすんの?
隣の部屋のコンゴ人が見かねて、俺が呼んで来ちゃるってんで、バイクタクシーに乗ってタクシーをひき連れて来てくれました。
おじさんありがとねー、バイク代いくら?って訊いても、そんなもんいらんわいって受け取ってくれなくてね、お金。
ウガンダで知るコンゴ人の人情が、五臓六腑に染みます。
どっちのコンゴか聞きそびれたけれど、コレラとかエボラがおさまったら遊びに行きますね。

 

次に泣かせてくれたのは、Airbnb。
地図が間違っているのです、いつものごとく。
だから昨日、Googleマップのストリートビューで見たら家がなかったわけですよ。
あっちぐるぐるこっちぐるぐると回りながら電話してもぜんぜん出ないしって文句を垂れていたら、こっちのスマホのプリペイドが切れてるし。
タクシーのサスペンションが死んでて、道路の岩石に腹を擦りまくって、お尻の穴が痒くなるし。
とにかくね、なんちゅーか、たいへん。

 

でもですね、苦労した甲斐がありました。
今回のAirbnbは最高。
ボクらが初めてのゲストだというので、出血覚悟の初夜特価。
一泊たったの12.3US$は、通常価格の三分の一以下。そんでもって朝食付き。
部屋は14畳以上!
部屋の前にほぼ専用のリビングルームがこれまた14畳くらいあり、ベランダからビクトリア湖。
オーナーが愛車のJEEPでスーパーマーケットまで送迎してくれるし、ぼったくってきたバイクタクシーの値引き交渉もしてくれるし、ウェルカムドリンクは天然果汁100%搾りたてのフルーツジュースだし、庭にはハーブだのレタスだのニンニクだのが生えていて、食い放題。
で、Wi-Fi無制限。
お父さんお母さんと呼んでいいですか?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、卵焼き、りんご
  • 昼→ 外食:カフェEndiro:BLT
  • 夜→ 自炊:卵焼き、ベーコン、アボガドのサンドイッチ

国、地域別 アフリカ ウガンダ Kampala

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン