黄熱病の注射は一生もん。
Kampala18泊目/ウガンダ190104

  • Airbnb:The Inception House 27USD(+) +WiFi +K +PP
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ダウが下がったようだけど、すね毛のキューティクルほどにも関係ない話。
日本の株もどですかでんと下がったとの噂ですが、我が家の塩漬け蕪もそうとうしょっぱいことになっているのだろうから、早く忘れてしまいたい。
年金を貰うころになって、あ、そういえば株もってたじゃんって思い出して、スッゲー上がってるじゃんってーのが、夢というかお願いなんだけど、年金で買い支えていた株価が下がってるんじゃ、ダブルパンチを喰らって驚くと思うよ。
早いところルワンダに引っ越して、土産物屋をやろう。

 

今月半ばちょいすぎくらいにウガンダに遊びに来るニューヨーク仕込みのダンサーが、黄熱病の注射が必要だってことに気づいてその手の病院に電話したら、満員御礼でキャンセル待ちです。
小樽から大阪まで日本中、注射待ち。
黄熱病って、バズってるんですかね?
もしかして気持ちいいの?
なんにしろ一回打っとけば一生もんだし、必要な時に待たされると間に合わないかもしれないので、一発打っといたほうがいいです、鬱陶しいけれど。

 

朝から停電。
今の家はオール電化なので、昼飯は食えないわ、コーヒーは飲めないわ、シャワーも浴びれないわで、洗濯機は止まったまま。
午後遅くに復活したんですが、その後の嵐で送電線が倒れたとかで、晩飯を作っている最中に再び停電。
いざというときの懐中電灯は、灯いているのがわからないほどに暗い。
買い置きした冷蔵庫の肉が心配。
電気とガスは、半々にしてくれませんかね?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:人参ケーキと卵焼き
  • 昼→ 自炊:スパゲティボロネーゼ
  • 夜→ 自炊:ハンバーグ

国、地域別 アフリカ ウガンダ Kampala

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン