〈パソコン、旅に役立つWeb、他〉
ノマドが外国からお金を受け取るための「Payoneer」

13年間も海外でノマドっていると、なにかと外国とお金のやりとりがあります。

Jaboo」のアクセサリーを売ったり、どこかの宿のHPをデザインしたり、フィリピン人に英語を教わったり、あれをするからこれをしてねとか、ナイジェリアの王様の隠し金を引き出すための手数料を送ってくれとか、そういうのです。

国際送金・海外送金サービスの「Western Union」がありますが、日本支店が少なく手数料が高いのが玉のシワ。

そこで、Payoneer

Payoneerは、「簡単」「迅速」「安全」「低コスト」で売上代金を受取れるオンラインサービスです。

 

アカウントを申し込むと、翌日、お返事をいただきました。

「お申込みを審査しています。審査には最大で3営業日かかります」

間髪入れずにいただいたメールは、「審査をいたしますが、メールアドレスのご確認をお願いいたします」

「審査をするから、メルアドレスの確認をお願いします」の一通でいいような気がするんですが、違いますかね?

2日後、「アカウントのお申込みが承認」

我輩のナニが審査をパスしたかは検討もつきませんが、ありがとう。

しかも、「Payoneerアカウントで 1,000USD 以上受取ると、100USD もらえます!」とのことです。

1,000USDまで頑張ります。

とりあえずテストじゃありませんが、ルワンダ青年のントワリ君に50US$を送金してもらいました。

義理人情の商取引があったものですから。

先日、釘を踏み抜いて病院送りになったントワリくん。独身。長身。

 

翌日、Payoneerからメール。

早っ!

もう振り込んでくれたとは、さすがオンライン。

言われるままに、政府発行写真付き身分証明書……、パスポートをアップロード。

次に、自分の銀行口座へ出金手続きをします。

これまたすぐにPayoneerからメールが来て、

出金ごときになんで4日もかかるのかわかりませんが、待ちましょう。

手数料は50万ドルまで2%なので、外国から50US$を受け取るのにたった110円。

チップを弾みたいくらい安い!

3日後、無事にお金を受け取りました。

 

 

そして、さらに↓

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

パソコン、旅に役立つWeb、他 ワーキング・パッカー Column 国、地域別 アフリカ Rwanda Kitabi

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン