やけどには、うさぎの毛。
Kayonza3泊目/ルワンダ180806

  • URUGO ECO-LODGE AT THE WOMEN'S OPPPORTUNITY CENTER 10USD (8,500RWF/1,081円)
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi

キャンプ場のレストランで日本人を発見し、それじゃぁそういうことでってんで、夜、バイクタクシーをとばして、宴会。
町一番のホテルのレストランは、ひとりも客がいません。
ゲストのひとりは、コーヒー専門家で遠距離恋愛中。
起業家女子は、別居婚。
サッカー先生は、奥さんを日本に残して旅行中。
それぞれの愛。

 

アフリカ人って悪い奴じゃないけれど、何気なく、悪気なく一生懸命に働きません。
中学生が放課後に教室の掃除をするようなモチベーションですから、日本人のこめかみが切れるようなクォリティです。
接客の基本姿勢は、自分の家によそ者が迷い込んで来たってな感じですから、郷に入っては郷に従うのは、客です。
西欧ではどんなサービスが流行っているか知りませんが、アフリカはアフリカです。
そこんとこ、勘違いしないように。

 

やけどをしたルワンダ人は、患部にうさぎの毛を貼って治すそうです。
効くんですかね?

 

で、小学生の将来の夢は、正社員。
だよね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:宿のレストラン
  • 昼→ 外食:宿のレストラン:ピザ
  • 夜→ 外食:町のホテルで宴会

国、地域別 アフリカ Rwanda Kayonza

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン