黒ずみの原因菌がこびりついた便器。
Nacala→Metoro/モザンビーク180523

  • Riata(宿の駐車場)700MZN/1,276円
  • 本日の走行距離 353キロ
  • Internet@ SIMカード(Top Up1GB/100MZN)

ルビーを求めて、北上します。
ジャングルなんだか、サバンナなんだか、畑なんだかよくわからない大地。
要所要所に穴道路。
とんでもなく巨大な水たまりに遭遇しては、歩いて水深検査。
にょきにょきと奇岩の山。
町営住宅のように一列に並んだ茅葺き屋根。
沿道の人々。
モザンビーク人は、まあ、よく歩くこと。
人の群れが途絶えないです。

 

昼飯は、道売りから買った短かいバナナ。
渋くて舌が痺れるけど、大丈夫ですかね。
アントニオ猪木のおじいさんって、バナナを食べて死んだんだけど。

 

穴道路との格闘に疲れ果てまして、ルビー村の120km手前の集落に泊まります。
こんなトイレでごめん、ってYukoに謝ったくらい汚い便器の宿です。
糞尿が散らばってるとかじゃなくて、廃墟から拾ってきたような汚れが呪われているんじゃないかってくらいこびり付いてて、マルセル・デュシャンなら「黒ずみ」って名付けそうな一品です。
黒ずみの原因菌が発酵しているのか、泡立った不透明な水。
でもって便座がない。
我輩はホースがあるからいいのですが、直接座らなければならないYukoが不憫です。
ほんとごめんなさい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ベーコン卵焼きご飯
  • 昼→ 太くて短くて渋いバナナ
  • 夜→ 外食:インド系3世のおばちゃんの食堂795MZN(1,449円)

国、地域別 アフリカ モザンビーク Metoro

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン