医者を殺す方法。
White River6泊目/南アフリカ180423

  • Airbnb:BEAUTIFUL ARTSY AFRICAN RETREAT 455ZAR(4.090円)
  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi

今日の仕事は、アロエ。
医者いらずのアロエという言葉あるぐらい、栄養豊富な薬草です。
医者いらずはバリェーションがあり、

大根おろしは医者いらず
味噌は医者いらず
美味しいパンとご馳走、それにうまいワインがあれば医者いらずと言うのはフランスです。
腹八分目に医者いらずは日本で、
ヨガの教義に、
腹八分目で医者いらず。腹六分目で老いを忘れる。腹四分目で神に近づく、というのがあります。

医者いらずの亜流に、
腹八分目に病なし腹十二分に医者足らず
人は食べる量の四分の一で生きている。後の四分の三は医者が食う、これはエジプトの遺跡に刻まれていた言葉です。

でもって、医者の「青くなる」シリーズというのがありまして、
トマトが赤くなると医者が青くなる
柿が赤くなると医者が青くなる
柚が黄色くなれば医者が青くなる
色違いで、
枇杷が黄色くなると医者が忙しくなる
果物繋がりで、
1日一個のリンゴは医者を遠ざける
これはイギリスはウェールズ地方の言葉です。

都々逸は、医者を殺すにゃ刃物はいらぬ朝昼晩と梅を食え
医者以外では、
サンマが出ると按摩がひっこむ
サンマとアンマで韻洒落です。

以上、アロエ繋がりでした。
みなさん、ごきげんよう。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:卵焼き、パン
  • 昼→ 自炊:トマトスパゲティ
  • 夜→ 自炊:肉団子鍋、きんぴら

国、地域別 アフリカ 南アフリカ White River

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン