頼む、車と奥さんを譲ってくれ。
Sikasso→Ouangolodougou/コートジボワール160331

  • Hotel Le Baobab(12,000CFA/2,152円)
  • 本日の走行距離 191kmキロ
  • Internet@ SIMカード(2,000CFA/358円/50MB)

国境越え。
コートジボワールの国境警察は、茅葺き屋根の東屋。
ひとつしかない机のまわりに4つのベッドが並び、2人が昼寝中。
ものすごく人相の悪い係官ですが、基本的にのどかな風景です。
イミグレーションで2,000CFA(359円)の手数料を求められたものの、「領収書をお願いします」の一言で、鮮やかなディフェンスを決めました。

国境の担当官から、車と奥さんを譲ってくれとせがまれたです。
車は愛着があって差し上げられませんが、Yukoはヤギ何頭ですかね?

マンゴー売りの子どもたち。洗面器いっぱいのマンゴーは、たったの89円(500CFA)。だれから買ったら面倒が起きないものか、悩みます。

 

暑い熱いマリから、暑い熱いコートジボワールへ。
コートジボワールのバイクは、道を譲ってくれる控えめなドライブマナー。
学生は制服を着て、女の子は坊主頭。
痩せた牛が徘徊。
ヤギさんよ、危ないから前を向いて道路を渡ってください。

流しのSIM屋さんから、SIMカードを購入。
2,000CFA(358円)で、50MB。
お兄さん、責任持ってAPNの入力までお願いします。

チェックインして、速攻で近所のローカルBarへ。

コートジボワールのキッチンは、基本的に外。肉は炭火焼、っていうか薪。

 

一皿178円(1,000CFA)のヤギの焼肉。そこはかとなく地味に滋味。癖になります。

 

メールをちょこちょこ見ただけで、あっという間にSIMカードの残なし。
たった50MBだからね、しょうがない。
明日、Top Upしよう。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ りんご
  • 夜→ 外食:Bar:肉とレバー、ビールとコーラ。茹でたオクラ

国、地域別 アフリカ マリ Ouangolodougou

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン