-April 2017-

バックミラーには仁王立ちした警察官。
Bougouni→Sikasso/マリ160329

  • Hotel Kaaky Palace(20,500CFA/3,702円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

久しぶりに警察に捕まったとです。
アフリカでは、ダカール以来2度目の疑獄事件。
変則三叉路で、ピーーーーーッと笛の音が聞こえましたが、まさか自分が容疑者だと思わず、無視。
一時間後に同じ交差点を通ったら、再び警笛。
これもまた自分じゃあるまいと通り過ぎたわけですが、バックミラーには仁王立ちした警察官。
追いかけて来るほど暇じゃないだろうと小さくなる警察官を眺めていたら、暇でした。
白バイに追いつかれ、お縄を頂戴。
おまわりさんの目は、そうとうお怒りのご様子です。
後部座席のスモークシートは違反だと言って、ガリガリと剥がしだす始末。
Yukoを車に残して、連行されました。

警察官は、屈強な3人。
罰金は、警笛無視が2,700円(15,000CFA)。
定食代に換算すると、15食分。そうとう高いです。
2回も無視したので、ダブルプライスになるかと思いきや、ディスカウントされた3,600円(20,000CFA)。
交通違反を重ねると割引される、優しい罰金制度です。
その優しさは嬉しいけれど怪しい。
「警察署で払います」
「署で払うと高くなるよ。18,000円(100,000CFA)」
いきなり5倍!
払う場所で金額が違うとは、ますます怪しい。
「領収書をくれる?」
「領収書?」
「大使館に渡すから」
なんで領収書を大使館に渡すの?というツッコミはなく
「領収書はないから、罰金は半額でいいよ」
「領収書はどうしても必要でね」
「さらに半額にするから。今、ここで払えば900円!」
「いやいやいや、領収書がないとね、大使館が困るから」
「わかったから。もう罰金はいいから。なんかお土産くれればいいから」
「タバコは?」
「タバコは、カラダに悪いから吸わない」
「灰皿は?」
「タバコは吸わないって」
「日焼け止めクリームは?」
「いるわけない」
結局、足裏マッサージ棒をお持ち帰りになりました。
アフリカで警察に捕まること、2戦2勝!

 

今日は村祭り。

祭りに参加する子供たち。

 

踊って〜とお願いしたら、ホントに踊ってくれたお母さん。

 

彼女が咥えている木の枝は、小枝歯ブラシ。

 

焼肉屋の青年たち。1000CFA(200円)で、そうとう美味いです。ただ、拾った紙で肉を包むのは勘弁ね。

 

晩飯も焼肉。右端のお店です。衛生的には不安ですが、ここも美味い。

 

チェックインした部屋のトイレに、電球なし。
電球のある部屋へ移りましたが、2回小便しただけで切れてしまったトイレの電球。
隣の部屋の電球と取り替えたら、破裂。
そして、夜、停電。
Wi-Fiは不通。
エアコンがないから眠れない。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食+一人前500CFAは別途
  • 昼→ 買い食い:羊肉(1,000CFA/180円)とコーラ
  • 夜→ 買い食い:羊肉(2,000CFA/360円)と茹でたオクラ、コーラ2本

国、地域別 アフリカ マリ Sikasso

トラックバック用URL

動画を3倍楽しむ方法。
Sikasso2泊目/マリ160330

  • Hotel Kaaky Palace(20,500CFA/3,702円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fiが遅すぎる/SIMカード

昼飯も食わず仕事。

 

宿のWi-Fiは、普通に不通。
明日は国境越えなので、SIMカードを使い切る覚悟で動画鑑賞。
しかし遅すぎる。
一時間のドラマを観るのに、3時間。
3倍、楽しんでいます。

 

今日も晩飯は、焼肉。
店のお兄ちゃんはラムって呼んでいますが、羊なんかどこにもいません。
ヤギの間違いじゃないですかね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 梨
  • 夜→ 焼肉(2,000CFA/363円)と茹でたオクラ

国、地域別 アフリカ マリ Sikasso

トラックバック用URL

頼む、車と奥さんを譲ってくれ。
Sikasso→Ouangolodougou/コートジボワール160331

  • Hotel Le Baobab(12,000CFA/2,152円)
  • 本日の走行距離 191kmキロ
  • Internet@ SIMカード(2,000CFA/358円/50MB)

国境越え。
コートジボワールの国境警察は、茅葺き屋根の東屋。
ひとつしかない机のまわりに4つのベッドが並び、2人が昼寝中。
ものすごく人相の悪い係官ですが、基本的にのどかな風景です。
イミグレーションで2,000CFA(359円)の手数料を求められたものの、「領収書をお願いします」の一言で、鮮やかなディフェンスを決めました。

国境の担当官から、車と奥さんを譲ってくれとせがまれたです。
車は愛着があって差し上げられませんが、Yukoはヤギ何頭ですかね?

マンゴー売りの子どもたち。洗面器いっぱいのマンゴーは、たったの89円(500CFA)。だれから買ったら面倒が起きないものか、悩みます。

 

暑い熱いマリから、暑い熱いコートジボワールへ。
コートジボワールのバイクは、道を譲ってくれる控えめなドライブマナー。
学生は制服を着て、女の子は坊主頭。
痩せた牛が徘徊。
ヤギさんよ、危ないから前を向いて道路を渡ってください。

流しのSIM屋さんから、SIMカードを購入。
2,000CFA(358円)で、50MB。
お兄さん、責任持ってAPNの入力までお願いします。

チェックインして、速攻で近所のローカルBarへ。

コートジボワールのキッチンは、基本的に外。肉は炭火焼、っていうか薪。

 

一皿178円(1,000CFA)のヤギの焼肉。そこはかとなく地味に滋味。癖になります。

 

メールをちょこちょこ見ただけで、あっという間にSIMカードの残なし。
たった50MBだからね、しょうがない。
明日、Top Upしよう。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ りんご
  • 夜→ 外食:Bar:肉とレバー、ビールとコーラ。茹でたオクラ

国、地域別 アフリカ マリ Ouangolodougou

トラックバック用URL

垂れた胸をなでおろす。
Ouangolodougou2泊目/コートジボワール160401

  • Hotel Le Baobab(12,000CFA/2,155円)
  • Internet@ SIMカード(Top Up)

ガソリンスタンドの向かいのカフェで、ジャムもバターも味気もナニもないパンをかじり、ネスカフェの苦さを味わう朝食。
濃い排気ガスと細かな砂埃が混じった涼しい風。
ガソリンスタンドとバス停の喧騒と、控えめながらも好奇心に満ちた視線。
空き缶を持った子どもの遠慮がちな托鉢。
名もなき町の不健康なフレッシュエアーですが、お手頃感覚のローカル具合が、意外に気に入っています。

SIMカードをTop Up(2,500CFA/1week/1GB)。

ATMから、お金が出てきません。
胸騒ぎがするのでネットで確認すると、

37,645円も引き落としされていました。
これはお家の一大事とばかりに慌てたものですが、

40分後に引き落としは取り消されました。
あーやれやれと、垂れた胸をなでおろすわけです。

Wi-Fiがないのですが、新築で安くていい宿です。
ただレセプションのお姉さんが、お釣りを忘れてしまうのが、玉にシワ。

いつもの場末のBarで、焼肉とビール。
端から端まで挨拶してまわり、馴染みの顔が増えるほどに、居心地のいい町になります。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、ネスカフェ、ジュース(1,000CFA/179円)
  • 昼→ インスタントラーメンに生の玉ねぎとオクラ
  • 夜→ 外食:昨夜のBar:焼肉、持ち込みの玉ねぎ、ビール大瓶、ジュース(3,500CFA/628円)

国、地域別 アフリカ マリ Ouangolodougou

トラックバック用URL

朝は17円のサンドイッチ。 昼は34円のパン。 夜は89円のオムレツ。
Ouangolodougou→Kafolo/コートジボワール160402

  • Hotel Kafolo(50,000→35,000CFA/6,310円)
  • 本日の走行距離 174km(稚内から60,596km)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝飯は、露天のサンドイッチ。

ベトナムのバインミーに似たアボガド入りサンドイッチが、たったの17円。どこに味があるかわからないくらい爽やかな味付け。一口で気に入りました。

 

 

いい宿でね、ふと気を許したら洗車サービス。

 

今日のドライブは、100km以上の未舗装。
ジャングルだかサバンナだかを突き抜け、一路、どどどど田舎へ。
コンクリート橋と土の道に段差があり、車の底をこすります。
ここら辺の道は、雨が降ったらたぶん洪水。
通れそうにもないです。

女の子です。

大人です。ブラジャーなのか、水着なのか。

 

村に一軒じかないホテルは、高級コテージでした。
50,000CFA(8,935円)を35,000CFA(6,254円)にディスカウントしてくれて、面目ないです。
水、出ないけど。

村唯一の食堂で、晩飯。89円の豆オムレツ。少しだけ塩辛くて、美味いです。

 

宿には、ホロホロ鳥、鶏、豚、ヤギ、鹿、亀。

それにしても今日の飯は、朝は17円のサンドイッチ。
昼は、34円のパン。
夜は、89円のオムレツ。
三食の合計は、140円。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:露天のサンドイッチ(200CFA/34円)
  • 昼→ パン(200CFA/34円)
  • 夜→ 外食:村唯一の食堂:オムレツ(1,000CFA/178円)コーラは持ち込み(1,000CFA/178円)

国、地域別 アフリカ コートジボワール Kafolo

トラックバック用URL