経験は積むだけで活かさない町づくり。
トビリシ44泊目/ジョージア160420

  • 1DKのアパート(延泊4泊で75USD)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

アナと不動産巡りです。
今日もお友達のイルマが同伴。
運転手は、イルマの旦那です。
旦那、暇みたいです。

一軒家です。
これ↓

44P_6307

家の右側が崩壊したキズもの物件。崩れた原因は、右隣の家の排水が床下の土を削ってしまい地盤沈下。でもま、こういう崩れた家、こちらでは普通です。ぜんぜん驚かない。むしろ程度のいいほう。もちろん人が住んでまして、現役。

 

44P_6291

地盤沈下の原因となった地下室に入ります。下手な遺跡より風化した階段。おじいさん、来い来いって手招きするけれど、できれば遠慮したい穴。深淵、こっち見てませんか?

 

44P_6292

意外に涼しい地下室。基本、ゴミ捨て場です。足の踏み場がないというより、踏みたくない。

 

44P_6295

一階のリビングルーム。屋根も壁もぐだぐだ。左の窓の上が、崩壊寸前。

 

44P_6300

二階へ上る階段は、外。一軒家というより、アパートみたいなものです。

 

44P_6301

リビングからの景色。電線が邪魔。

 

44P_6304

壁の亀裂。家全体が歪んでますから、ある意味当然。

 

44P_6306

右側が低くなっているように見えますが、実際に斜めってます。立っているだけで、目眩がするリビング。

 

44P_6309

家に住んでいた7歳の少女。君ん家、床が斜めってるよ。

 

こっちの家って、コンクリートで基礎を作ってないんじゃないですかね?
地べたに据え置き。
で、徐々にどっかしら沈む。
家が歪んで、一部崩壊。
経験は積むだけで活かさない町づくり。
家のコンセプトは、安けりゃベストっていう心意気です。
隣のアゼルバイジャンなんか第2のドバイって言われるほどの好景気だっていうのに、ジョージアの廃墟系佇まい、好きです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:トマトのオムレツ、マッシュルーム、ベーコン、生のタマネギ、昨日のパン
  • 昼→ 自炊:スパゲティペペロンチーノ
  • 夜→ 外食:オーストリ、豚肉の串焼き、ナスビのサラダ、レモネード(24ラリ/1,180円)

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア トビリシ

トラックバック用URL

お便り

  • 僕も時々FBにネコの写真UPしますけど
    良い装備で撮るとクオリティ違いますね!
    そしてストライクゾーン広くしましたね(笑)

  • いまじゃ、ねこも立派なストライクゾーンです。
    写真はカメラですね。
    っていうか、レンズ。
    金をかけたぶんだけ、腕が上がる、っていうか、結果よし。

  • ストライクって7歳の子の事です(笑)
    その調子でガンバって下さい!
    捕まらないように。。。

  • そっちか!

お便りを投函。ポトン