ボランティアのジョアンが出発。
彼はスペインのカタルーニャ地方からやって来た、珍しく働くボランティアでした。
Hostal Medellinでは、(たぶんいつでも)ボランティアを募集しています。
キッチンのお皿を片付けるぐらいしか仕事がないから、目眩がするほど暇です。
クラウディアの早口スペイン語で、たっぷり勉強できます。
向学心のある外籠り型旅人にもってこいです。

学生の団体さんが、チェックアウト。
逞しい腕に彫られた猫侍のTatooを撮影。

彼女のはすっぱなところが表現できず。 残念です。

彼女のはすっぱなところが表現できず。 残念です。

 

この娘は、太っててかわいかったです。動くたびにあちこちが揺れてました。

この娘は、むーっちりしててかわいかったです。動くたびにあちこちが揺れてました。堀江しのぶを思い出します。

ボゴタで働く韓国人が戻って来た。
彼から政治談義を挑まれやした。
「うちの大統領、どう思う?」
とりあえずStubbornと答えときましたが、これでよかったでしょうか。
「日本の敵は誰?」
直球ど真ん中のビーンボール級質問が続きます。
えーとね、誰とも戦争する気はないし、答えにくい気がしなくもないのですが、取り急ぎ中国ですかね、島を盗っちゃう気満々だし、お陰様でチベットに入れないし、電車の中でおしっことかうんちするらしいし。
韓国は、老人とヤング、西と東で支持政党が別れ、経済的にも厳しく、年金を貰え損ねそうだし、船は沈むし、明るい兆しがないと憂いていました。
同感です。
一方日本は、原子力発電所級に盤石な巨大政党を無関心層が邪魔せず、経済的に厳しいながらも逝く年月、すっかり不景気にも慣れ、自分さえ健やかであればいいやってな感じでして、年金は若い世代に死ぬほど頑張っていただいきたいです。
ぼくらすでに受給資格あるし、今でも遅滞なく支払ってるもんで、年金に期待しています。

クラウディアが二階で大声出しているから部屋に入ったら、壁に蛾が張り付いてただけだった。
意外に都会っ娘な彼女です。

チリ人のTatoo男が言うには、 チリのPuerto Varasがいいらしい。

晩飯後、クラウディアたちと、Barで軽く一杯。
腹が減っているわけでもないのに、ついつい屋台の串焼きを食ってしまうデブの習性。
満腹中枢がありません。

ビリヤード調子良し。
前チャンピオンのしげさんと対戦したい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:アレパ、フリホーレス、サルチーチャ、パン、卵焼き、リンゴ
  • 昼→ シェア飯:スパゲティ・ペペロンチーノ
  • 夜→ 自炊:ハンバーグ

コロンビア メデジン 国、地域別 南米

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン