私製「メデジン観光ガイド」の仕上げ。

ちょいとお茶目な表紙にしました。

拙者の人柄が表れた、ちょいとお茶目な表紙にしました。

仕上げと言ってもいろいろと面倒です。
イラストレーターでデザインしたのち、文字をアウトライン化してPDF保存。
クラウディアからUSBメモリを借りてデータをコピーしようとしたら、メモリー不足で入りません。
データを軽くするため、“イラストレーターの編集機能を保持”のチェックを外し、画像の圧縮形式をJPEG2000にし、再びPDF保存。
いちいちめんどくせーっのです。
隣のコピー屋で印刷を頼んだら、余白が大胆に右側に片寄っています。
なぜに左右中心にならないのよと、お店のお尻の大きな女の子とよくよく話したら、スペイン語だからあんまり意味がわからないなりに推察したところ、データと用紙のサイズがあわないとのことでした。
コロンビアの標準サイズは、8×11インチなのです。
世界標準かと思われたA4サイズが通用しません。
宿に戻って、すべてのページをサイズ変更してたら、夕方までかかりました。
地味にめんどくせーのです。
夕方遅くにプリントを終えたけれど、JPEG2000に圧縮したため、涙で文字が霞むほどに画像が不鮮明。
使えたものじゃありませんでした。
全部やり直し!
泣けてきました。
無駄になった13,000ペソ(695円)。

学生が、一挙に 15人も泊まりにきました。
イバゲとかいう町の出身です。
娘さんたちが、日本人がいるわよ、珍しいわね、と笑いながら近づいてきて、嬉しいやら恥ずかしいやら恐縮です。
ふとっちょコロンビア娘は、可愛い。
ちょっと動くだけで、胸がぷるんぷるん揺れます。
この揺れは、日本では見れますまい。
寒天のようにぷるぷる震える二の腕が、それもまたヨシ。
どうしてあなたのお尻って、こんなに大きく育ったのですか?
周囲が二メートルくらいありますか?
じっくりお話を伺いたいものです。

宿のボランティアを勤めるマキシミリアンが、11時以降もビリヤードをしていたので、キツく指導しました。
あのー、すみません、11時なんですが。。。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:アレパ、卵焼き、サルチーチャ、フリホーレス、パン、リンゴ
  • 昼→ 自炊:ハンバーグ、アレパ、クラウディアにもらったフリホーレス
  • 夜→ 自炊:圧力鍋で煮たほろほろ牛皿

コロンビア メデジン 国、地域別 南米

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン