フィリピン出発まで、あと五日。
 
神保町で、久しぶりに「麺研」が開催されました。
つまりラーメンを食うわけで、実態は、食う「だけ」です。
メンバーは首謀者の松さん、先日神楽坂のパーティで名刺大賞を受賞した(…に違いない)だだだし君、そして特別ゲストに日本橋の編集者S氏。
偶然ばったり会って立ち話したのは、いつの間にかおっさんに成長してた、やはり日本橋の編集者K氏。
会場は、神保町の「麺処 おかじ」(ではなくて、「可似」でした)。
二種類のスープが楽しめる、優柔不断な人向けの専門店です。
まずはエビ醤油でずずずっとすすると、グイっと濃い系の醤油。
太麺のコシにグイっと腰が入りすぎてるかもしれん、噛み切り難い、と装填したばかりのインプラントを駆使しつつ次なるスープ、味噌味にチャレンジしたら、そこはかとなくエビの味がっ!
こっちが、エビかっ!
じゃさっきのは、味噌かっ!
 
懐かしの喫茶店「さぼうる」で、バナナの生ジュース。
バナナの生ジュースと、つけ麺のスープって、舌触りがほとんど同じ。
 
イラストレーターS君のイベントを見物。
会場は、建築関係の書店です。
彼女は、表通りに面した大きなガラスに、ライブでイラストを描いてました。
たいしたもんです。
大人になった彼女の背中を眺める。
 
熱い出版社の燃える社長夫妻、そのスタッフの皆さんと一杯。
モツ鍋。
またまたご馳走になってしまい、恐縮です。
ぜひ大きな会社にしましょう!
がんがん攻めましょう!
我が輩も外国から応援いたしまする。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ 神保町の「麺処 おかじ」
  • 夜→ 信濃町の高級居酒屋

一時帰国/日本

トラックバック用URL

お便り

  • 石澤さん!「麺処おかじ」じゃないんですっあの店!
    「おかじ」やめて、「可似」にしたんでした〜。場所の変更、リーダーとして伝え忘れ、深く反省中しておりますっ。

  • あれま、そうだったんだ。
    全然、気づかなかった。
    探偵になれないなぁ。
    思い出すよ、あさりとあっさり。

お便りを投函。ポトン