気の毒なラクダを見た。ニトミルク二泊目/オーストラリア110802

  • ニトミルクキャラバンパーク(一人17A$。アンパワーサイト)二泊目
  • 本日の走行距離 63(合計14.305)キロ
  • Internet@ USB型ワイヤレスインターネットモデム(2GB/月々29A$)

今日は試練が多い一日でした。
昼飯にスパゲティナポリタンを作ろうとタマネギを炒めていたら、ガスが切れました(試練その一)。
ガスを買いにキャサリンまでひとっ走り。
ついでにマクドナルドでBigMacにかぶりついて、ネットを繋ごうとしたら通じず(試練その二)。
冷静に店内を見渡すと、今日は誰もパソコンを開いていません。
ネットが通じないなら、BigMacなんか食うんじゃなかった、と後悔して、自前のUSB型ワイヤレスインターネットモデム(2GB/月々29A$)を使ってネット。
祐子のパソコン「VAIO」をAVG PC Tuneupで診断したら、システムエラー数が2,181個も検出されました(試練その三)。
満身創痍だったようです。
どうりでポコペンポコペン意味不明な音がしてたわけです。
AVGに修復してもらいました(修復は一回だけ無料です)。
 
電話でRego(車検のようなもの)の住所変更に成功。
こういう事務手続き関係の仕事は、祐子が担当します。
ガソリンスタンドで、ガスタンクにガスを補充。
3kgで10A$。
ガスを補充してくれたおっさんとありがとう、と握手したら、野性味あふれるやたらとごっつい手をしてて、思わず惚れちゃうところでしたわ。
 
キャサリン渓谷へ戻る道すがら、牛に混ざったラクダを発見。
ラクダのくせに、ボクらが先ほどスーパーで買ったパンより高級なパンを4~5本食ってました。
農場のおっさんが言うには、カナナラの近くで投げ縄で捕まえた野生のラクダだそうです。
凶暴なラクダは人間を踏みつぶして殺すこともあるそうですが、彼は去勢したので、おとなしい奴なんだと笑ってました。
去勢された気の毒なラクダの写真を撮り、おっさんありがとうと握手したら、実に男らしい頼りがいのあるごっつい手でした。
危なく惚れちゃうところでしたわ。
 
晩飯の用意をしてたら、カンガルーが握手できるくらいまで近づいて来て、笑顔でWelcomeしたら、ラクダが食べてたパンより遥かに安いボクらのパンを食わえて逃げられました(試練その四)。
地の果てまで追いかけて取り戻したけど、齧られた5枚ほどは泣く泣く捨てました。
ラクダが食うのより安いパンを買って、しかもカンガルーに食われてしまうとは、つくづくとことん、です。
略して、つくとん。
性懲りもなくまた近づいて来たカンガルーをゴルァっと脅したら、バックしました。
カンガルーが後ろ飛びするとは、進化しています。
P8022700.jpg
明日の朝飯のサンドイッチを作ろうとフィラデルフィアを開けたら、青カビ(試練その五)。
青カビを避けて、フィラデルフィアを使い切ったら、妙にてんこ盛りなサンドイッチになりました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ マクドナルド
  • 夜→ カボチャと鶏肉の煮物

Northern Territory オーストラリア オセアニア キャサリン 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン