旅をしていると、勘違いしてポエムを書いたりするかもしれません。
あるいはどうあっても他人にはお見せできぬ写真を撮ってしまうやもありませぬ。
Macの標準機能で、すべて隠してしまいましょう。
 
「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を起動します。
ピクチャ 1.jpg
上の「新規イメージ」をクリックして、
ピクチャ 2.jpg
「ディスクイメージ」と「ボリューム」に秘密っぽい素敵な名前をつけ、「暗号化」を適当に選び
パンツの中.jpg
「作成」をクリックします。
パスワード.jpg
「パスワード」を入力して、「パスワードをキーチェーンに保存する」のチェックを外して、出来上がりです。
 
デスクトップに出来たフォルダ、ボクの作ったフォルダは「パンツの中」と申しますが、その中へ恥ずかしい書類を移動し、
デスクトップ.jpg
このフォルダごと(ボクのフォルダは「パンツの中」と申しますが)、ゴミ箱へザクッと捨てます。
これで誰にもあのポエムやあの写真を見られることはありません。
 
ではまた性懲りもなく恥ずかしいポエムを書いてしまったときや、あるいはさらに恥ずかしい言い回しが頭に浮かんでしまい恥の上塗りをしたいとき、またしても考えられないようなポーズで写真を撮ってしまったときは、どうすればいいのでしょう。
 
HDの「書類」フォルダをそっと開き、あの忌まわしい「パンツの中」フォルダをクリックします。
恥ずかしい写真.jpg
すると、
パスワード入力.jpg
パスワードを訊かれるって仕組みです。
 
パスワードを忘れると開けなくなってしまうので、いっそのことパスワードはフォルダ名と同じにすると便利です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Mar 29, 2011

パソコン、旅に役立つWeb、他 Column

トラックバック用URL

コメントは受け付けていません。