-西サハラ-

ダハブの近くに、軍が管理する天国があるらしい。
ダフラ二泊目/西サハラ160117

  • Airbnb(手数料込み2,890円)
  • 本日の走行距離 15kmキロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

メキシコのボクシング関係の仕事。

ユーロ紙幣を求めて、銀行まわり。
ユーロの在庫はどこにもない。
アフリカってビザ取りが多いから、想像以上にユーロが必要。
ってことを最近知りました。

 

メカニック街で、UVカットフィルムを購入(50MAD×2=1,131円)。
貼り代が2,262円(2ooMAD)もかかるので、自分で貼ってみた。
ボロボロの仕上がり。
難しいね。

 

10歳くらいの女の子たちが、無邪気にお菓子をくれと強請ってきて、お菓子なんかないからと断るんだけど、あるじゃんそこにと運転席の飴とかが見つかっちゃう。
それでも、ないって言い張っちゃう親父になりました。

 

写真屋で、ビザ用の写真を印刷(8枚で20MAD)。

 

オーナー夫妻とシェア飯。
ダハブの近くに、軍が管理する天国があるらしい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 催促して出てきた宿の朝食
  • 昼→ 自炊:タマゴサンド
  • 夜→ オーナーの食事:野菜タジン(50MAD/円)

国、地域別 アフリカ 西サハラ ダフラ

トラックバック用URL

蚊を全滅させてから、寝るべし。
ダフラ→Bir Gandouz/西サハラ160118

  • Hotel Barbasインターネット可の部屋(300MAD/円)
  • 本日の走行距離 304kmキロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

砂漠は、痛いほど暑いながらも、切るように寒い。
土漠のど真ん中を突っ切って、南下。
人肌を舐めたくなるほど、人影なし。
滅多に車も通らない世の果て。

 

今日の昼飯は、ここ。ここを逃すともうお店はない。

 

肋骨のあたりを300グラムくらい切ってもらって、

 

店先で焼いてもらい、

 

茶でも飲んで待ちます。

 

肉汁滴る熱々の肉を手で摘んで食らう。天然の味に勝るものなし、絶妙な塩加減。

 

脂の塊が甘くて美味い。これ、日本で食べられますかね?

 

高いけど安っぽいホテル泊。
部屋には、数多の蚊。
叩き潰すと血糊がべったり。
そろそろマラリア地帯ですから、吸血蚊は洒落にならんです。
たかが蚊、されど蚊。
全滅させてから、寝るべし。
軽く命がけです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:焼肉と茶(30MAD/339円)
  • 夜→ 外食:チキンとフレンチフライ、茶2人前(55MAD/622円)

国、地域別 アフリカ 西サハラ Bir Gandouz

トラックバック用URL