ガーナのパンより、小滝橋のほうがだんぜん美味い。
東京10泊目190621

  • 新宿御苑の民泊が案外いい
  • Internet@ 民泊の無料Wi-Fi

品川駅で、奈良の作家と打ち合わせ。

 

新宿3丁目で、旅立ち前の最後の宴会。
お店は、激混みの「浪曼房」。
二次会は「陶玄房」。
三次会に「池林房」に行ければ、大三元だったのに。

 

今夜のお題は、『徳川家康』は吉川英治じゃないってことです。

食パンをお土産にいただきました。
小滝橋のパン屋が評判なのです。
我が家の体験的アフリカ観では、フランスが統治した国ほどインフラが貧弱だけどパンだけは美味く、インフラがそこそこだとイギリスパンで美味くないです。
ガーナの宿の朝飯は、焼くんじゃなくて、電子レンジで温めた食パン。
あれはまずかった〜。
今日いただいたイギリスパンは、イケます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 納豆ご飯にイカの塩辛
  • 昼→ 外食:蕎麦屋の黒豚つけ麺
  • 夜→ 外食:浪漫房

アジア 一時帰国/日本 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン