コンクリート束石の高さが揃わない。
東川48泊目190506

  • 東川邸
  • Internet@ 東川邸のWi-Fi

薪棚つくり再開。
日曜大工って、日曜日だけ休みってくらいの根性をみせないと難しいです。

 

コンクリート束石を埋めるために、穴を掘ります。
現場には、巨木が眠っています↓

杭を打ち、糸を張ります。
中心線です。

小石が多いので、つるはしで土を柔らかくし

シャベルで穴を掘り、

深さを測ります。

近所から水盛りバケツを借りました。

初めての「水盛り」。

ビニールテープで印をつけます。

杭があっち向いたりこっち向いたりしているあたりが、いかにも素人のなせる技。
ディテールに魂がありません。

ネコに砂利を積んで、

運びます。
庭が東京ドームの21分の1もあるもので、砂利運びだけでもひと苦労。

穴に砂利を入れてから、コンクリート束石を投入。

こんだけしか仕事をしていないのに、もう夕方。
田舎は陽が沈むのが早いです。
さぁ、晩飯を食べないと。

簡単そうだけど、コンクリート束石の高さが揃いません。
微調整してもモグラ叩きのように狂います。
プロは、どうやって高さを揃えるのだろう?
この腕前では、家をセルフビルドするなんて生まれ変わっても無理なわけで、大工大学ってありますかね?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 鮭
  • 昼→ スパゲティナポリタン
  • 夜→ 湯豆腐

アジア 一時帰国/日本 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

お便りを投函。ポトン