不法滞在を心配していたら、密入国してました。
Butha Buthe →Fouriesburg/南アフリカ180313

  • Meiringskloof Nature Park
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi

ケンタッキーフライドチキンがあるからそこそこな大きな町だと思われるButhabutheのケンタッキーフライドチキンの隣のブロックという一等地にあるメカニックにオイル交換を頼んだら、10歳くらいの少年が担当。
ドレンボルトを開けられず。
作業中止。
フィルターを交換するときに流れたオイルを補充したら、500mlをためらいなく全部突っ込んで、はい、おしまい。
オイルレベルゲージで測るとか、一切なし。
だいいち車は斜面に停めてて、作業中にジャッキが外れたくらい斜めってて計測不能。
車が動かないように石を置いたのは、わたしです。
レソトのメカニックはないわ。

レソトの伝統的な帽子。

警察検問。
ザンビアの保険のシールを見つけて、期限切れだって大騒ぎ。
だーかーらー、これはザンビアのだって言ってんのに、期限切れは違法だの一点張り。
よってたかって屁理屈言いまくり。
腰が痛いからって土手に座って、様子見。

 

国境越え。
南アフリカで新しい入国スタンプをもらえなかったら、不法滞在になるかもって怯えていたのですが、それよりもなによりも、パスポートにレソトの入国スタンプがなかったです。
どういうこと?
不法滞在どころか、密入国してました。

 

レソト人はすぐにバレる嘘をつく。
写真撮ってた警察官に、撮っただろ?
って問い詰めたら、撮ってない撮ってないって。

 

南アフリカに入り、オイル交換。
てきぱきっと作業が進み、オイルレベルゲージで測りながら、適量のオイルを注ぎます。
さすが南アフリカ人!
褒めたら、レソトからの出稼ぎでした。

 

「あんたたち、スキー場で見かけたよ」
ボクら地味に有名人です。

 

牛追いは、毛糸の目出し帽に毛布。これが伝統的ユニフォームです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:卵焼き、ミューズリー
  • 昼→ 外食:ケンタッキー
  • 夜→ クッキーだけ

国、地域別 アフリカ 南アフリカ Fouriesburg

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン