迷い込んだら、トタンの共同住宅。
ケープタウン38泊目/南アフリカ180127

  • Airbnb「猫ハウス」598ZAR(5,473円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

またもや、引っ越し。
ケープタウン7軒目のAirbnbは、やや郊外のモダンな家です。
白い家しか建てられない海沿いの住宅街で、あっちこっちに入江が食い込んでいるので船着場付きの家が多く、オランダみたいな感じ。

カヌーで遊んでる連中がいる。

 

幹線道路のすぐ向こう側は修羅った黒人居住区で、世界で9番目に殺人率の高いケープタウンだけど、塀のない家もある緩んだ危機管理。
門番はひとりしかいないのに。
結局、安全ってこと?

 

2匹の猫がお出迎えしてくれました。

水不足が深刻です、ケープタウン。
ここ2週間、スーパーマーケットにミネラルウォーターのデカボトルがない。
今日はとうとう、1リットルサイズも売り切れ。
ピンチかも。

 

引っ越すときに幹線道路を避けていたら、黒人住宅街に迷い込んじゃいまして、久しぶりに見ましたよ、家に見えない抽象的な家。
トタン造りの集合住宅は、夏の猛暑を吸収して蓄え、寒さを迎え入れて放さない冷暖房効果。
好奇心むき出しの熱い視線と遠慮のない愛撫にさらされて、サファリパークを自転車で走るより怖い。

 

どんだけポテンシャルがあってもその性格じゃ成長しないわって国がたくさんあるなかで、南アフリカは絶好調です。
黒人は礼儀正しいし、笑顔が爽やかで邪念がなさそう。
住みたい国ナンバー5にランクイン。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:豚汁、ミューズリー、ペピーノ
  • 昼→ 外食:中華(焼きそばと牛肉のオイスター炒め)
  • 夜→ 昼飯の残りときんぴら大根

国、地域別 アフリカ 南アフリカ Cape Town

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン