せっかくのノーパンなのに、胸がときめかない。
ケープタウン24泊目/南アフリカ180113

  • Airbnb(一泊489ZAR/4,490円)
  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi(寝室だけ感度良好)

すっかり御用達になった「ウーバー」で、ミルナートンの蚤の市へ。
こんな便利な白タクがあると、ローカルバスに乗る気がしない。

 

珍しいものを見つけました↓

SnoekのRoe。つまりですね、パイクだかバラクーダの卵です。食感はたらこ。

 

味は淡白。毎日1本食べれば、10年くらい寿命が縮まりそうに塩辛いけど。

 

ここがお店。大盛況。

 

蚤の市で買ったのは、14番のレンチ。

ブリキの動物。欲しかったのは左隅のカバの頭。3,000円。お小遣いじゃ買えない。

 

Yukoが買った古本「野生のエルザ」。300円。写真のジョージアダムソンは密猟者に撃たれ、奥さんは羊飼いに刺し殺された。悲しい夫婦の物語。

 

そういえば去年のクリスマスプレゼントは、これ↓

コーヒープランチャー。新品でたったの500円。これは安いです。

 

昼飯は、オールドビスケットファクトリーへ。
土曜日は、世界各国の出店でいっぱいです。
人工芝に座ってくつろいでいたら、顔の前にミニスカートの娘さん。
風が吹くたびに、丸見えになるノーパンのお尻。
胸がときめかないとは、年老いたもんです。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:マフィンサンド
  • 昼→ 外食:サーモンサラダ、パエリア
  • 夜→ 自炊:白菜と鶏肉の鍋

国、地域別 アフリカ 南アフリカ Cape Town

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン